【スペック】全長×全幅×全高=4635×1770×1430mm/ホイールベース=2670mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向 4DOHC16バルブ・ターボ(285ps/5600rpm、40.0kgm/2000-4800rpm)/価格=535万5000円(テスト車= 555万4500円/マッキントッシュサウンドシステム=16万8000円/ボディカラー(サテンホワイトパール)=3万1500円)

スバル・レガシィS402セダン(4WD/6MT)【動画試乗記(前編)】

完売御礼! 2009.01.29 試乗記 スバル・レガシィS402セダン(4WD/6MT)
……555万4500円


グランドツーリングカーたるレガシィのコンセプトを、STIが深化させ、カタチにしたコンプリートカー「S402」。「555万円カー」に込められた技術集団のこだわりに迫る。

やり残した部分をぜんぶやる

操縦安定性と乗り心地のバランスの良さでは日本車トップクラスにランクインするであろうレガシィをベースに、STIが、販売価格にしておよそ200万円ぶんのチューニングを実施。彼ら技術集団が、強いこだわりをもって目指したのは、「究極のグランドツーリングカー」だ。

チューニングと聞くと、速くするためとか、かっこよくするのが目的というイメージがある。その点でいうと、「S402」は、エンジンパワーは大して上がっていないし、外観の違いもさほど多くない。人によっては、地味に感じるかもしれない。けれども、ベース車の持つグランドツーリングとしてのキャラクターをより濃くした、という意味においては、STIのエンジニアはチューニング本来の目的をまっとうしたといえよう。そして実際にS402に乗ってみると、「うーん、確かにこれは違う!」と感じるのだ。

実際、支持者は多いようだ。聞くところによると、2008年6月27日に402台限定で販売が開始されたS402は、2008年11月28日に完売したという。

さて、そんなS402の動画試乗記。前編では、S402のコンセプトやチューニング内容を紹介、後編では試乗インプレッションをお届けする。

【Movie】下の画面をクリックすると再生が始まります。


(リポーター=島下泰久/写真=荒川正幸)

スバル・レガシィS402セダン動画試乗記(後編)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
ホームへ戻る