「メルセデス・ベンツS350」が仕様変更

2009.01.27 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツS350」が仕様変更

メルセデス・ベンツ日本は2009年1月26日、「メルセデス・ベンツS350」の標準装備やオプションを変更し、同日発売した。

今回の変更で、「アダプティブブレーキライト」が新たに採用された。これは、緊急ブレーキ時にブレーキランプが点滅するもので、後続車両の追突危険性の低減を促す効果が期待される。さらにリモコン操作がいらず、キーの携帯によりドアの開錠・施錠やエンジンのスタート・ストップが行える「キーレスゴー」が標準に。ギアシフトのマニュアル操作は、従来のステアリングシフトボタンから、パドルに変更された。

さらにオプションのラインナップも改められた。
AMGデザインの各種パーツが装着される「AMGスポーツパッケージ」を新設定。受注生産オプションとしては、「セミアニリンレザーパッケージ」、ドアクロージングサポートと自動開閉トランクリッドをセットとした「コンフォートパッケージ」、高音質なサウンドを提供する「harman/kardonサウンドシステム」が用意される。

価格は従来より31.0万円高い、1041.0万円。

(webCG 本諏訪)


「メルセデス・ベンツS350」が仕様変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る