「ホンダS2000」、とうとう生産終了

2009.01.27 自動車ニュース

「ホンダS2000」、とうとう生産終了

ホンダは、オープンスポーツカー「S2000」の生産を、2009年6月末で終了することを発表した。

ホンダは2009年1月27日、本格スポーツカー「S2000」の生産終了を発表した。

S2000は、本田技研工業50周年記念モデルとして1999年に誕生。1リッターあたり100ps超の高出力を発生する高回転型NAエンジンや、高いボディ剛性を実現する専用プラットフォーム、50:50に近い前後重量配分など、リアルスポーツの名に恥じない数々の特徴を誇った。

デビュー以来、フルモデルチェンジは一度も経験していないが、車速対応型の可変ギアレシオステアリング(VGS)の採用や低中速トルクの拡大を狙ったエンジンの排気量アップ、タイヤサイズの変更など、地道な改良により進化を続けてきた。
しかしながら約9年間での販売台数は国内累計で2万台。全世界でも11万台と、景気の良い数字とは言えなかったのも事実。やむなく生産終了を迎えることとなった。

専用パーツ満載、ホンダこだわりのリアルスポーツ。
新車で手に入れるのは今がラストチャンス!
価格は、386万4000円〜399万円。

『webCG』のホンダS2000試乗記一覧

(webCG 曽宮)

ホンダS2000
ホンダS2000

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る