第75回:ガキっぽいデザインに「喝―ッ!」

2009.01.25 エッセイ

第75回:ガキっぽいカーオーディオに「喝―ッ!」

「iPod touch」とお気に入りのグルンディッヒ製CDラジオ。
第75回:ガキっぽいカーオーディオに「喝―ッ!」

便利な電子機器たち

ここ数年東京に行くたび他人が羨ましいのは「おサイフケータイ」である。女性が颯爽と自動改札機に携帯を近づける仕草に、シビれてしまう。
それに対して、ボクのポケットの中はスイカとケータイがバラバラに入っていてガチャガチャしている。その度に「ああ、開発した人はボクと同じことが鬱陶しかったんだろうな」と思う。

「じゃあ、おサイフケータイ買えばいいじゃん」という声もあるだろう。しかし長期契約が原則の日本版携帯を、海外在住者が持つことは至難の業なのである。ついでに泣き言を言えば、大手レンタルビデオ店の会員証さえ持てない。悔しいので、ボクはプリペイド携帯とスイカを輪ゴムで束ね、「なんちゃっておサイフケータイ」を作ろうとまで思ったほどである。

そんな電子グッズ好きの筆者が、昨年末はじめて「iPod」を買ったのは、以前記したとおりだ。
ついでに、クルマで再生するため、日本でトランスミッターを一緒に買うことにした。詳しいかたならご存知のように、それをiPodに接続しFM波をカーアンテナに飛ばすと、カーオーディオで聴けるようになるものだ。
というわけで、事前に調べておいたイタリアのFM周波数帯に対応し、かつ自分の「iPod touch」に似合ったデザインのトランスミッターを家電量販店で選んだ。同時に、電源をカーナビと同時使用できるよう、シガーライターソケットの分岐アダプターも仕入れた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。