【スペック】全長×全幅×全高=4600×1820×1300mm/ホイールベース=2560mm/車重=1980kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(525ps/6800rpm、64.2kgm/5200rpm)/価格=1939.0万円(テスト車=2107.0万円/AMGパフォーマンスパッケージ=168.0万円)

メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)【試乗記】

忘れるまでに時間がかかる 2009.01.23 試乗記 メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)
……2107.0万円

SLシリーズの中でも、ひときわ個性的な外観と超絶のパワーを併せ持つスーパースポーツ「SL63AMG」。 その魅力にはまると、なかなか元には戻れない!?

目に心地よい威圧感

「SL63AMG」に初めて触れた時の衝撃は、今でもはっきり覚えている。2008年6月のマイナーチェンジで凄みを増したSLのボディは、AMGモデルでさらに迫力をアップ。そのフォルムは一発で僕の目に焼き付いた。威圧的だが、ずっと眺めていたいデザイン。そんな風に思ったものだった。

そしてエンジンをかけた瞬間、エグゾーストノートが周囲の空気をビリビリと振動させた。僕の体には鳥肌が立った。

僕は大きな排気音が好きなわけではない。でもSLの排気音には、妙に惹かれるものがあった。詳しくは後述するが、フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーに勝るとも劣らないドラマチックな音を奏でるのだ。

走りだした後も高まったテンションがしぼむことはなかった。見た目の迫力に引けを取らない怒濤の加速力を示し、ワインディングではコーナーを軽快にパスするフットワークを見せる。サスペンションには、ダンパーの設定を変化させるスイッチが付いているのだが、この設定を変える車両の挙動は大きく変化する。

首まわりに温風を吹きかける、標準装備の「エアスカーフ」が、ウインタードライブの快適性を高る。
メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)【短評】
マフラーは、左右2本だしのデュアルタイプ。
メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)【短評】

メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る