クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4600×1820×1300mm/ホイールベース=2560mm/車重=1980kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(525ps/6800rpm、64.2kgm/5200rpm)/価格=1939.0万円(テスト車=2107.0万円/AMGパフォーマンスパッケージ=168.0万円)

メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)【試乗記】

忘れるまでに時間がかかる 2009.01.23 試乗記 メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)
……2107.0万円

SLシリーズの中でも、ひときわ個性的な外観と超絶のパワーを併せ持つスーパースポーツ「SL63AMG」。 その魅力にはまると、なかなか元には戻れない!?

目に心地よい威圧感

「SL63AMG」に初めて触れた時の衝撃は、今でもはっきり覚えている。2008年6月のマイナーチェンジで凄みを増したSLのボディは、AMGモデルでさらに迫力をアップ。そのフォルムは一発で僕の目に焼き付いた。威圧的だが、ずっと眺めていたいデザイン。そんな風に思ったものだった。

そしてエンジンをかけた瞬間、エグゾーストノートが周囲の空気をビリビリと振動させた。僕の体には鳥肌が立った。

僕は大きな排気音が好きなわけではない。でもSLの排気音には、妙に惹かれるものがあった。詳しくは後述するが、フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーに勝るとも劣らないドラマチックな音を奏でるのだ。

走りだした後も高まったテンションがしぼむことはなかった。見た目の迫力に引けを取らない怒濤の加速力を示し、ワインディングではコーナーを軽快にパスするフットワークを見せる。サスペンションには、ダンパーの設定を変化させるスイッチが付いているのだが、この設定を変える車両の挙動は大きく変化する。

首まわりに温風を吹きかける、標準装備の「エアスカーフ」が、ウインタードライブの快適性を高る。
首まわりに温風を吹きかける、標準装備の「エアスカーフ」が、ウインタードライブの快適性を高る。 拡大
マフラーは、左右2本だしのデュアルタイプ。
マフラーは、左右2本だしのデュアルタイプ。 拡大

メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大

ふたつのドライビングプレジャー

サスペンションを「ノーマル」モードにして走ると、ダンパーのストロークがしっかり感じられる。快適性重視のモードゆえ、乗り心地がもっとも良くなるのは言うまでもないが、単純にソフトやマイルドといった言葉では片づけられない奥深い乗り味に仕上がっていることもお伝えしておきたい。

SL63AMGの重量は1990kg。絶対重量は、決して軽いほうではない。コーナリング中の慣性マスはかなりものだろう。まして525psという高出力エンジンを搭載するとあっては、足まわりに相当な負荷がかかるはず。ヤワな足ではとても受け止められないはずだ。かといって、単純にガチッと固めてしまうと、2000万円カーに不釣り合いな乗り心地になってしまっただろう。

その点、SLの足まわりは絶妙だった。ノーマルモードでは、適度にストロークしつつもロールスピードは抑えられており、路面の衝撃をおおらかに包み込む懐の深さが感じられるのだ。それはまるで大海原で大型船に乗っているかのよう。大波が押し寄せてきても、予測したほど船体が揺すられることなく、順調に航海を続けられる。そんなイメージだ。

一方、スポーツモードにすると足がグッと引き締まってステアリング操作に対する応答性がアップし、低重心なスポーツカーならではの一体感が得られる。このように、ふたつのドライビングプレジャーが味わえるのだ。

アクティブサスペンション「ABC」により、常にフラットな姿勢が保たれる。その効果は絶大だ。
アクティブサスペンション「ABC」により、常にフラットな姿勢が保たれる。その効果は絶大だ。 拡大
モータージャーナリストの五味康隆氏。
モータージャーナリストの五味康隆氏。 拡大

メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大

快音を響かせるドライビングマシン

音良し、足まわり良しのSL63AMGだが、もうひとつ忘れてはならない大きな魅力がある。それは湿式多板クラッチをトルクコンバーターの代わりに採用した、7段自動変速トランスミッションだ。

トルクコンバーターを廃したのは、言うまでもなく変速時のダイレクト感とレスポンスを増すため。それもただガツンと繋げるのではなく、角を細かく削り落とした、精巧な機械を思わせる「やんごとない」マナーを備えている。シフト変速はいたってスムーズだ。

ひとたびアクセルを踏み込めば、その瞬間に古き良き時代のアメリカンV8を思わせるサウンドがとどろき、強烈な加速Gで背中がグッとシートに押しつけられる。ブレーキング時は、シフトダウンのたびに自動的にブリッピングが行われ、フォン、フォーン! という快音が耳に届く。そのあまりの気持ちよさに、ずっとエグゾーストノートを聴いていたい気になる。冷静に考えると排気音を聴いていたいなんて変な話なのだが、とにかくSL63AMGに乗っていると、そういうちょっと変わったテンションになってしまうのだ。

きっとSL63AMGには、我々が日頃、無意識のうちに抑え込んでいる潜在的欲望を呼び覚ます色香があるのだろう。その吸引力の強さはスーパーカーにも引けを取らない。一度その魅力に触れてしまうと、なかなか気持ちを引き離すことができず、忘れるまでに長い時間がかかってしまうのだ。

(文=五味康隆/写真=菊池貴之)

内装は、ダッシュボードまでも本革表皮でカバーしたフルレザー仕様となる。
内装は、ダッシュボードまでも本革表皮でカバーしたフルレザー仕様となる。 拡大
ATシフトノブの脇には、トランスミッションの変速スピードを調整できるスイッチや、サスペンションの設定を変えるボタンが並ぶ。
ATシフトノブの脇には、トランスミッションの変速スピードを調整できるスイッチや、サスペンションの設定を変えるボタンが並ぶ。 拡大

メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
あなたにおすすめの記事