祝45周年! グラスルーフの「マスタング」発売

2009.01.22 自動車ニュース

祝45周年! グラスルーフの「マスタング」発売

フォード・ジャパン・リミテッドは、「マスタング」に45周年特別仕様車「マスタング V8 GT クーペ 45TH Anniversary」を設定。限定45台で2009年1月21日に発売した。

今回の特別仕様車は、1964年4月のニューヨーク・ワールド・フェアでデビューしたスペシャリティーカー、「マスタング」の生誕45周年を記念したモデルだ。

ベースとなるのは、4.6リッターV8ユニットを搭載する「V8 GT プレミアム」(5AT)。一番の特徴は大きな固定式グラスルーフで、安全性を考慮し、プラスチックフィルムを2枚のガラスが挟む三層構造になっている。赤外線を90%、紫外線を96%遮断(日焼け止め剤のSPF(Sun Protection Factor)50に相当)し、車内には日差しを遮るためのサンシェードも備わる。

インテリアでは、地デジ対応のHDDナビゲーションが限定車ならではの装備。ボディカラーは、標準車でも人気だというパフォーマンス・ホワイトと、45TH Anniversary専用色アロイ・メタリックの2色が用意される。

価格は、ベースモデルより38.0万円アップの、498.0万円。ハンドル位置は左のみとなっている。

(webCG 関)

「フォード・マスタング V8 GT クーペ 45TH Anniversary」
「フォード・マスタング V8 GT クーペ 45TH Anniversary」

祝45周年! グラスルーフの「マスタング」発売の画像
特別仕様車に備わる、「45TH Anniversary」のスペシャル・エンブレム。
特別仕様車に備わる、「45TH Anniversary」のスペシャル・エンブレム。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
ホームへ戻る