祝45周年! グラスルーフの「マスタング」発売

2009.01.22 自動車ニュース

祝45周年! グラスルーフの「マスタング」発売

フォード・ジャパン・リミテッドは、「マスタング」に45周年特別仕様車「マスタング V8 GT クーペ 45TH Anniversary」を設定。限定45台で2009年1月21日に発売した。

今回の特別仕様車は、1964年4月のニューヨーク・ワールド・フェアでデビューしたスペシャリティーカー、「マスタング」の生誕45周年を記念したモデルだ。

ベースとなるのは、4.6リッターV8ユニットを搭載する「V8 GT プレミアム」(5AT)。一番の特徴は大きな固定式グラスルーフで、安全性を考慮し、プラスチックフィルムを2枚のガラスが挟む三層構造になっている。赤外線を90%、紫外線を96%遮断(日焼け止め剤のSPF(Sun Protection Factor)50に相当)し、車内には日差しを遮るためのサンシェードも備わる。

インテリアでは、地デジ対応のHDDナビゲーションが限定車ならではの装備。ボディカラーは、標準車でも人気だというパフォーマンス・ホワイトと、45TH Anniversary専用色アロイ・メタリックの2色が用意される。

価格は、ベースモデルより38.0万円アップの、498.0万円。ハンドル位置は左のみとなっている。

(webCG 関)

「フォード・マスタング V8 GT クーペ 45TH Anniversary」
「フォード・マスタング V8 GT クーペ 45TH Anniversary」

祝45周年! グラスルーフの「マスタング」発売の画像
特別仕様車に備わる、「45TH Anniversary」のスペシャル・エンブレム。
特別仕様車に備わる、「45TH Anniversary」のスペシャル・エンブレム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツが「GLCクーペ」を日本に導入 2017.2.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、「GLCクーペ」を発表し、同日発売した。「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」については同年3月下旬に発売する予定。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
ホームへ戻る