【スペック】全長×全幅×全高=4795×1860×1470mm/ホイールベース=2815mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(143ps/6000rpm、20.8kgm/4000rpm)/価格=399万円(テスト車=401万6250円/ETCユニット=2万6250円)

シトロエンC5 2.0(FF/4AT)【試乗記】

ワザありのアシまわり 2009.01.22 試乗記 シトロエンC5 2.0(FF/4AT)
……401万6250円

シトロエンのミドル級セダン、「C5」。見た目以上に独特だという乗り心地は、はたして“買い”なのか。2リッターのエントリーグレードで試した。

“アイロン掛け”の走り

シトロエンと聞いて、風変わりで特殊なクルマという、一般のクルマとどこかが違うものを想像する人は多いかも知れない。
新型「C5」も、リアウィンドウが逆反りしていたり、ステアリングホイールのセンターパッドが固定されていたりと、意表をつくところがないわけでもない。しかし、現代のシトロエンは、少なくとも外観のデザインにおいてはマトモであり、新奇なものは期待できないかもしれない。

それでもガッカリすることはない。シトロエンのシトロエンたる所以は、その走行性の素晴らしさにあるからだ。何の予備知識もなしに走らせてみても、一般の多くのクルマとの違いは歴然。それは、「路面との隔絶感」。車体が道の上をスーっと水平移動する感覚は、シトロエン独自の個性だ。

4本のタイヤが路面をトレースして上下動する際、お互いが関連して動くような一般車の走行感覚に対して、シトロエンの油圧サスは四輪それぞれのポジションで独立して、車体の水平を保とうとしているかのようだ。あくまでも、ボディが水平であることが最優先される。まるで路面の皺をアイロン掛けしながら進むような、そんな感覚。それは、たとえ直進していても曲がっているときでも同じだ。
シトロエンの、オイルと窒素ガスがもたらす乗り味と似たような乗り物を挙げるとするなら、ホバークラフトかもしれない。

エントリーグレードの「2.0」でも、ディレクショナルヘッドライト&コーナリングライトは標準で備わる。
エントリーグレードの「2.0」でも、ディレクショナルヘッドライト&コーナリングライトは標準で備わる。
「センターフィックスステアリング」はシトロエンならではの個性。いつでも的確なボタン操作ができるよう、リムだけが回転する。
「センターフィックスステアリング」はシトロエンならではの個性。いつでも的確なボタン操作ができるよう、リムだけが回転する。
セダンモデルのリアウィンドウは、凹型に湾曲する。上級モデル「C6」でもおなじみのデザイン処理だ。
セダンモデルのリアウィンドウは、凹型に湾曲する。上級モデル「C6」でもおなじみのデザイン処理だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
  • 高級セダン「シトロエンC6」が生産終了 2012.12.26 自動車ニュース フランスの高級車に逆風。登場時には大きな話題となりながら、最近は販売不調が伝えられていた「シトロエンC6」の生産が終了した。後継モデルはあるのか、それとも……。
  • シトロエンC5 エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2010.8.20 試乗記 シトロエンC5エクスクルーシブ(FF/6AT)
    ……459.0万円

    1.6ターボと6ATを積んだ、「C5」の新グレードに試乗。シトロエンのミドルセダンはどんな走りをみせるのか。
ホームへ戻る