ミシュラン、省燃費スタンダードタイヤ「MICHELIN ENERGY SAVER」を発売

2009.01.21 自動車ニュース

ミシュラン、省燃費スタンダードタイヤ「MICHELIN ENERGY SAVER」を発売

日本ミシュランタイヤは、省燃費性能とウェットブレーキ性能を高めたスタンダードタイヤ「ENERGY SAVER(エナジーセイバー)」を2009年2月1日から発売する。

新発売される「エナジーセイバー」は、「エナジー3」に代わるスタンダードタイヤで、コンパクトカーやミディアムセダンがターゲット。新開発のコンパウンドを採用し、トレッドパターンを見直すことで、従来品に比べ転がり抵抗の低減と、ウェットブレーキ性能の向上が図られたという。

発売サイズは55から70シリーズまでの全21サイズで、2009年2月1日から順次販売される。価格はオープン。

(webCG 本諏訪)


ミシュラン、省燃費スタンダードタイヤ「MICHELIN ENERGY SAVER」を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。