【スペック】パッソセッテG:全長×全幅×全高=4180×1695×1620mm/ホイールベース=2750mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.4kgm/4400rpm)/価格=173万5000円(テスト車=210万2500円/ディスチャージヘッドランプ=4万7250円/HDDナビゲーションシステム+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+ステアリングスイッチ=29万4000円/ETCユニット=2万6250円)

トヨタ・パッソセッテG(FF/4AT)/ダイハツ・ブーンルミナスCXエアロ(FF/4AT)【試乗速報】

勢力図を塗り替えるか? 2009.01.21 試乗記 トヨタ・パッソセッテG(FF/4AT)/ダイハツ・ブーンルミナスCXエアロ(FF/4AT)
……210万2500円/245万4350円

トヨタ、ダイハツで共同開発された、コンパクトな3列シート車「パッソセッテ」「ブーンルミナス」がデビュー。最新ミニミニバンの実力やいかに?

ミニバンっぽさが薄い

ベースになっている「パッソ/ブーン」と同じく、ダイハツ主導で開発され、トヨタにもOEM供給される3列シートのコンパクトミニバンが、「トヨタ・パッソ セッテ/ダイハツ・ブーン ルミナス」である。このカテゴリーはダイハツにとって、かつて「アトレー7」のようなモデルもあったものの、事実上は初参入。トヨタには「カローラスパシオ」や「シエンタ」のような先例もあるが、それらよりもミニバンっぽさの薄い、スタイリッシュで気軽に乗れるモデルを欲していたということで、当初ダイハツが進めていた企画に相乗りするかたちで開発が進められたそうである。

たしかにその外観は、ホイールベースの長さこそ目立っているものの、すっきりシンプルにまとめられている。低い全高、ヒンジ式のリアドアも、そんな印象に繋がっているのかもしれない。凝り過ぎたスタイリングの多い最近のトヨタ車の中では異色な感もあるし、かといってダイハツ色が強いわけでもないのは、やはり共同開発ゆえか。ダイハツの開発陣曰く、「素の状態はトヨタ寄り、エアロパーツ付きはダイハツ寄りの雰囲気」ということだが、なるほどそんな感じがしないでもない。いずれにせよミニバン的な生活感、ある種のとっつきにくさが薄めなのが特徴と言えそうだ。

ブラウンとベージュのツートーンでコーディネートされた試乗車のインテリアも、雰囲気は上々である。全体にクオリティは悪くないし、センターメーターやオーディオ周辺のデザインも凝っていて、安っぽさを感じさせないのが嬉しい。ドアミラーが三角窓を邪魔しないよう後ろ寄りに付いているおかげで、視界だって悪くない。

こちらは「ダイハツ・ブーンルミナス」。外観は装備の違いを除いて、基本的にはエンブレムが異なるだけ。
トヨタ・パッソセッテG(FF/4AT)/ダイハツ・ブーンルミナスCXエアロ(FF/4AT)【試乗速報】

トヨタ・パッソセッテG(FF/4AT)/ダイハツ・ブーンルミナスCXエアロ(FF/4AT)【試乗速報】

トヨタ・パッソセッテG(FF/4AT)/ダイハツ・ブーンルミナスCXエアロ(FF/4AT)【試乗速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る