第74回:あぁピニンファリーナ! 日本のイタリア化について思うこと

2009.01.17 エッセイ

第74回:あぁピニンファリーナ! 日本のイタリア化について思うこと

ピニンファリーナとボロレの共同開発による電気自動車「Bゼロ」。
第74回:ピニンファリーナが生産撤退。日本の未来はイタリアを見よ!

カロッツェリアの消滅

大晦日、イタリア各地でカウントダウンのイベント準備が進むなか、この国の自動車産業にとって歴史的なニュースが流れた。その発信源はピニンファリーナである。創業者一族が株式の大半を3月までに手放すことで銀行団と合意したのだ。また現在行っているアルファ・ロメオ(ブレラ/スパイダー)とフォード(フォーカスCC)の受託生産契約を2011年以降更新しないことも明らかにした。

いっぽう、2008年パリショーで発表した仏ボロレ社との電気自動車生産計画は続行する。比較的堅調に収益を上げているデザイン及びエンジニアリング業も、今後の推移を見守りながら継続することとなった。
いずれにせよ、1930年以来79年間続いた名門カロッツェリアの創業家支配に終止符が打たれるのだ。

2008年初めにはベルトーネのカロッツェリア部門が破産した。これで、イタリアから大メーカーの委託を受けて一定規模でシリーズ生産できるカロッツェリアは、すべて消えることになる。

ピニンファリーナの従業員数はグループ全体で約3000人だ。日本の関東自動車工業の従業員数は約5700人だからピニンファリーナよりも大きいが、デザインから生産までという業務テリトリーでいえば、「関東自動車がトヨタ車の生産をやめてしまう」のに等しい。関東自動車製「センチュリー」ファンのボクとしては縁起でもない例えでだが、日本の自動車産業も一歩間違えば、イタリアの二の舞になりかねないということだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。