ロータスのミドシップ2+2、「エヴォーラ」お披露目!

2009.01.16 自動車ニュース

ロータスのミドシップ2+2、「エヴォーラ」お披露目!

ロータスのミドシップ2+2、「エヴォーラ」お披露目!

英国ロータスカーズの正規輸入代理店であるLCIは2009年1月16日、本年中に発売が予定される2+2のミドシップスポーツカー「エヴォーラ」のお披露目を行った。

■空間を無駄にしない

2008年ロンドンモーターショーでワールドプレミアを果たした「ロータス・エヴォーラ」が、日本で初公開された。会場に置かれた「エヴォーラ」は、量産型に最も近いプロトタイプで、ショーなどに出展されたモデルだ。
なお車名となる「エヴォーラ(EVORA)」は、「EVOLUTION(進化)」の「E」、「VOGUE(時代の、新しい)」の「VO」、「AURA(オーラ)」の「RA」が組み合わされたもの。「進化した新しいオーラを持つクルマ」という意味が込められている。

会場で車両の解説をした、ロータスカーズのビークルエンジニアリングディレクターであるロジャー・ベッカー氏は「空間を無駄にしないことが、一番の開発ポイント」とコメントした。
重心を低く、コンパクトにというスポーツカーの要素をそのままに、4人乗車を、しかもミドシップで成立させるパッケージングデザインには、苦労があったという。
さらに全く新しいデザインのエクステリアながら、笑い顔のようなフロントマスクやリアビューなどで、「一目でロータスとわかる」ことも心がけたそうだ。

そのディメンションは、全長×全幅×全高=4344×1848×1219mm、ホイールベースは2575mmで、シャシーはエヴォーラのために新しく作られたもの。
軽量と高剛性を特徴とする、押し出しアルミをリベットと接着剤で接合する技術は、エリーゼと同様のものだが、ねじり剛性を大幅にアップさせたという。車重は2+2で1350kg。

フロントには革張りとなるレカロ製のリクライニングスポーツシートが収まり、+2部分のリアシートはISOFIXに対応する。
なお、シートは2+2のほか、2シーターも選ぶことができる。


ロータスのミドシップ2+2、「エヴォーラ」お披露目!の画像

ロータスのミドシップ2+2、「エヴォーラ」お披露目!の画像
横置きされるV6エンジンの後方には、160リッターの容量のラゲッジルームが備わる。
横置きされるV6エンジンの後方には、160リッターの容量のラゲッジルームが備わる。

■900万を切る価格に

ミドに搭載されるエンジンは、トヨタ製の3.5リッターDOHC V6のVVT-i(可変バルブタイミング機構)ユニット。最高出力は280ps/6400rpm、最大トルクは34.9kgm/4700rpmを発生する。トヨタにはラインナップのない、6段MTが組み合わされるため、若干手が加えられた。

サスペンションは鍛造アルミ材が用いられたウィッシュボーン形式。ここに、ビルシュタインダンパー+アイバッハスプリングが組み込まれる。
ブレーキにはフロント、リアともに、APレーシング製の4ピストンキャリパーが採用された。

油圧パワステ、ABS、トラクションコントロールは標準装備。さらにオプションで、タッチスクリーン式のアルパイン製カーナビやiPod接続端子などを含む「Tech Pack」、走りを楽しむ向きにはスポーツセッティングが施される「Sport Pack」、内装をラクシャリーにする「Premium Pack」が用意される。

日本では2009年夏頃の発売が予定されている。ハンドル位置は左右両方が用意されるが、左ハンドルは受注生産となるという。さらに将来的にはATモデルの追加もあることがアナウンスされた。
正式価格は明かされていないが、900万円を切る価格に設定されるようだ。

(webCG 本諏訪)


ロータスのミドシップ2+2、「エヴォーラ」お披露目!

関連キーワード:
エヴォーラロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記 アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」がいよいよ日本の道に現れた。510psを誇るフラッグシップの「クアドリフォリオ」。その走りに、ドライバーを鼓舞する、あのアルファならではの“クオーレスポルティーボ”はあるのだろうか?
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記