第382回:つくづく残念! 顔の見えない国ニッポン
2009デトロイト、なぜ社長が出てきてしゃべらないんだっ!!

2009.01.16 エッセイ

第382回:つくづく残念! 顔の見えない国ニッポン2009デトロイト、なぜ社長が出てきてしゃべらないんだっ!!

さながら大統領選のGMブリーフィング

恥ずかしながら不肖小沢、新春のNAIASことデトロイトショーに初めて行ってまいりましたっ! 言い訳するといままでなかなかチャンスがなかったのよね。大抵オートサロン取材で忙しかったし、正直、アメ車にはそれほど興味なかったんで(苦笑)。

でもつくづく行って良かったなぁと思いました。最初は、不況まっしぐらの米国自動車業界、今回を逃したら二度と行かないかも? というヤジ馬根性が大きかったんだけど、それ以上にTVや新聞からじゃ伝わってこないアメリカの熱さ、同時にわが国日本の根本的問題があらためて浮き彫りになったからだ。
それは昔から言われる「顔が見えない国」だということ。まさに日本の政治家、官僚と全く同じ問題だ。

それを解説する前に、まずは気になるビッグスリーの様子をお届けしよう。

デトロイトのプレスディは毎年第二週の日曜日から始まることが決まっている。俺もその1月11日に、メイン会場のコボセンターに向かったのだが、最大の衝撃は朝10時から行われたGMのプレゼンテーションだった。
メインホール右奥で行われたのだが、入った瞬間、異様なムードに圧倒された。そこにはびっしりと世界各国、数百人、いや、それ以上のプレスがいるだけでなく、600人ほどのGM社員が列をなしている。しかも彼らはそれぞれ「CHARGED UP」(いいぞ!)「HERE TO STAY」(ここにいる!)「WE'RE ELECTRIC」(私たちは電気)などと書かれたプラカードを掲げ、ことあるごとにシュプレヒコールを上げている。

一瞬、俺は思った。「もしやコレ、大統領選の続き?」って。実際、オバマが来てないか確かめちゃったほどだ(笑)。

そして会を仕切ったリック・ワゴナー会長は、「本日は新しいGMの始まり」と切り出したわけだが、これが熱く、激しく、ポジティブなこと。そこここに「CHANGE」の6文字が踊ってもおかしくないスピーチ内容で「我々は、ここ数ヶ月の金融ニュースはすべて葬り去り、驚異的な進展で消費者が求めるものを作る」といい、新車や新世代のエコカーコンセプトを17車種も続々と発表。まさに“チェンジ”という感じだった。
2010年発売予定の「キャデラックSRX」や、「シボレー・エキノックス」などの北米向け市販車に混ざり、新型プラグインハイブリッドカーコンセプトの「キャデラック・コンバージ」や、同じく2010年にヨーロッパなどグローバル展開予定の高効率コンパクトカー、「シボレー・スパーク」の市販モデルなどもお披露目され、まさしくGMの未来予想図を見事に描いてみせた。

記者団に取り囲まれるGMのリック・ワゴナー会長
記者団に取り囲まれるGMのリック・ワゴナー会長
「キャデラック・コンバージ」
「キャデラック・コンバージ」
「シボレー・スパーク」
「シボレー・スパーク」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』