【スペック】AT:全長×全幅×全高=4250×1845×1315mm/ホイールベース=2550mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/3.7リッターV型6気筒DOHC24バルブ(336ps/7000rpm、37.2kgm/5200rpm)/価格=446万2500円(テスト車=492万1350円/カーウィングスナビゲーションシステム32万2350円/特別塗装色プレミアムルマンブルー=13万6500円)

日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)/バージョンST(FR/6MT)【試乗速報】

「こんな時期」こそスポーツカー 2009.01.16 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)/バージョンST(FR/6MT)
……492万1350円/467万9850円
冷たい逆風がピューピュー吹く中、新型「フェアレディZ」が登場。それでも6代目の“Z”は、「スポーツカーっていいなぁ……」としみじみ感じせてくれる出来映えだった。

次男はのびのび、日産3兄弟

日産はいまや、日本一のスポーツカー一家だ。1957年の「プリンス・スカイライン」をオリジンに持つ「スカイラインクーペ」が長男、1969年に初代がデビューした「フェアレディZ」が次男で、2007年の「GT-R」が末っ子。この3兄弟の構成は、お宅は亀田家ですかと聞きたくなるぐらい強烈だ。

2008年12月に、「フェアレディZ」がフルモデルチェンジを受けて6代目となった。新型を写真で見た時には、なんだ変わってないじゃんと思ったけれど、試乗会会場で実車を見ると先代とは全然違う。金属を削りだしたかのようなカタマリ感やリアのボリューム感など、新型のほうが明らかに二枚目。インテリアもはっきりと上等になっている。

試乗を終えて感じたのは、次男はのびのびしている、ということ。長男「スカイランクーペ」は北米で「インフィニティG37クーペ」として成功。末っ子「GT-R」も欧米の列強をビビらすパフォーマンスで世界にアピールした。長男がプレミアム、末弟が超ド級を担当してくれることで、次男はスポーツカーに磨きをかけることに専念できた。

つまり3兄弟の役割分担が明確になったことで、6代目となる新型「フェアレディZ」は高級感やラップタイムに縛られることなく、純粋に走る楽しさを追求できた。新型Zの開発キーワードは「すべては走りのために」だったというけれど、確かにファン・トゥ・ドライブを純化しようとする試みはいろいろな部分から伝わってくる。具体的には、まず寸法に表れている。

エンブレム一体型のサイドターンランプ。
エンブレム一体型のサイドターンランプ。

日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)/バージョンST(FR/6MT)【試乗速報】の画像
リアのコンビネーションランプやヘッドランプの“ブーメラン型”は、書道における「とめ、はね、はらい」をモチーフにしたものだという。
リアのコンビネーションランプやヘッドランプの“ブーメラン型”は、書道における「とめ、はね、はらい」をモチーフにしたものだという。
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実 2016.8.9 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更。「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を、「バージョンST」「NISMO」には上記に加え「BOSEサウンドシステム」「アクティブ・サウンド・コントロール」などを標準装備とした。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る