「トヨタ・カムリ」が化粧直し 安全性の向上も

2009.01.15 自動車ニュース

「トヨタ・カムリ」が化粧直し 安全性の向上も

トヨタ自動車は、4ドアセダン「カムリ」にマイナーチェンジを施し、2009年1月13日に発売した。

躍動感を強調すべく、バンパーやグリルなどフロントまわりのデザインを小変更。フォグランプやリアガーニッシュなどにはメッキ加飾を施し、高級感を一段と高めたという。
インテリアは、オーディオ・ヒーターコントロールパネルの色調をライトブルーからホワイトに変更。シート表皮の柄も改めた。

機能面では、全車のドアミラーをサイドターンランプ付きに。FFモデルにビークルスタビリティコントロールやトラクションコントロールを標準化するなど、安全性能の向上も図ったとのことだ。

ボディカラーにベージュメタリックとダークグリーンマイカを新設定し、全7色でラインナップ。価格は、「G」の250.0万円から「G ディグニスエディション」の347.0万円まで。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カムリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る