「ミツオカ・ビュート」生産終了 最後の特別仕様車発売

2009.01.15 自動車ニュース

「ミツオカ・ビュート」生産終了 最後の特別仕様車発売

光岡自動車は、コンパクトセダン「Viewt(ビュート)」に特別仕様車「The Final Viewt Anniversary」を設定し、2009年1月16日に発売する。

「日産マーチ」をベースに、往年の「ジャガーMk2」風カスタマイズを施した「ビュート」。1993年の発売開始以来累計9300台を生産してきたが、2009年をもってカタログから姿を消すことに。今回、特別仕様車「The Final Viewt Anniversary」(ファイナル・ビュート・アニバーサリー)が20台限定で設定される。

「菫」(すみれ)、「藍」(あい)、 「天華」(てんか)と名付けられた専用ボディーカラーに、シートバックに専用刺繍を施した3色の本革シートを組み合わせた。グリルバッジとエンブレムも限定車専用のものが備わる。

価格は、「12ST」の238万9250円から、「15LX」の284万250円まで。

(webCG 関)

ミツオカ・ファイナル・ビュート・アニバーサリー
ミツオカ・ファイナル・ビュート・アニバーサリー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビュートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • イタリアがモチーフの特別な「スマート・フォーツーカブリオ」登場 2017.2.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月7日、「スマート・フォーツーカブリオ」の特別仕様車「スマート・カブリオ マキアート」「スマート・カブリオ エスプレッソ」を発表。同年3月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る