「ミツオカ・ビュート」生産終了 最後の特別仕様車発売

2009.01.15 自動車ニュース

「ミツオカ・ビュート」生産終了 最後の特別仕様車発売

光岡自動車は、コンパクトセダン「Viewt(ビュート)」に特別仕様車「The Final Viewt Anniversary」を設定し、2009年1月16日に発売する。

「日産マーチ」をベースに、往年の「ジャガーMk2」風カスタマイズを施した「ビュート」。1993年の発売開始以来累計9300台を生産してきたが、2009年をもってカタログから姿を消すことに。今回、特別仕様車「The Final Viewt Anniversary」(ファイナル・ビュート・アニバーサリー)が20台限定で設定される。

「菫」(すみれ)、「藍」(あい)、 「天華」(てんか)と名付けられた専用ボディーカラーに、シートバックに専用刺繍を施した3色の本革シートを組み合わせた。グリルバッジとエンブレムも限定車専用のものが備わる。

価格は、「12ST」の238万9250円から、「15LX」の284万250円まで。

(webCG 関)

ミツオカ・ファイナル・ビュート・アニバーサリー
ミツオカ・ファイナル・ビュート・アニバーサリー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビュートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化 2017.1.6 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化。3モデルに対して、「トラフィックアシスト」を標準装備またはオプション装備とし、2017年1月6日に発売した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る