クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】335i:全長×全幅×全高=4540×1800×1440mm/ホイールベース=2760mm/車重=1620kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ・ターボチャージャー(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=673万円(テスト車=714万6000円/メタリックカラー(プラチナブロンズ)=7万5000円/電動ガラスサンルーフ=17万円/スピーチコントロール=6万9000円/HiFiシステム・プロフェッショナル・ロジック7=10万2000円)

BMW335i(FR/6AT)/325iツーリング(FR/6AT)【試乗記】

睨み顔の優等生 2009.01.15 試乗記 BMW335i(FR/6AT)/325iツーリング(FR/6AT)
……714万6000円/651万5000円


2008年11月にマイナーチェンジを受けた「BMW3シリーズ」。数々の日本専用装備が盛り込まれた後期モデルに試乗した。

全幅を1800mmに短縮

BMW3シリーズが登場3年を経てフェイスリフトを受けた。とは言っても、いわゆるDセグメントのプレミアムカーでトップシェアを誇る人気モデルだけに、無理に大きく変えるつもりは無かったと見受けられる。要するに化粧直しといった程度の内容なのだが、しかし、その熟成度は確実に高まっている。 

変更点としてもっとも大きいのは外観だ。フロントまわりでは2本のリブが追加されたボンネットに大型化されたグリル、立体的なうねりが加えられたフロントバンパー、そしてLEDターンシグナルを採用したライトユニットと、ほぼすべての部品が新しくなっている。リアビューも、テールランプがLED化と同時に伝統のL字型に近づき、トランクリッドやバンパーも一新。ドアミラーがヨーロッパの法規対応で大型化されたのもポイントである。 

これらの変更で、外観はよりアクが強くなった。個人的には「トゥーマッチ」に感じられ、むしろ以前の方が好みではあるが、まあ賛否は分かれそうなところ。もっとも、よほどのクルマ好きでなければどっちでも良いくらいの違いなのかもしれないが……。

ちなみに日本仕様には、車幅が従来の1815mmから1800mmへと縮小されたというニュースも。張り出していたドアハンドルを薄型に変更しただけなのだが、おかげで従来利用できなかった一部の機械式立体駐車場を堂々と使えるようになった。 

ドアノブの形状変更により、全幅が1815mmから1800mmに縮小された。些細なことだが、この寸法変更により、入庫可能な立体駐車場数は格段に増えるはずだ。
ドアノブの形状変更により、全幅が1815mmから1800mmに縮小された。些細なことだが、この寸法変更により、入庫可能な立体駐車場数は格段に増えるはずだ。 拡大
335iセダンには6段ATが組み合わされる。ちなみに335iクーペと335iカブリオレは7段ATになった。
335iセダンには6段ATが組み合わされる。ちなみに335iクーペと335iカブリオレは7段ATになった。 拡大
新デザインのテールライト。LEDが採用されたほか形状も見直された。バンパーデザインも新しい。
新デザインのテールライト。LEDが採用されたほか形状も見直された。バンパーデザインも新しい。 拡大

地味ながらも確実な進化

インテリアの意匠には大きな変化は無い。見逃せないのは「iDrive」の刷新だ。従来のダイヤル式コントローラーと「MENU」ボタンだけで構成された操作系が刷新され、コントローラー頂部が上下左右に傾けられるジョイスティック状になり、さらにその周囲にワンプッシュで各機能にジャンプできる「OPTION」や「BACK」に「MAP」、更には「CD」、「RADIO」などのボタンが設けられたのである。 

正直、最初は「日和ったか?」と思った。しかし使ってみると、やはりiDriveはiDriveであった。もちろん、良い意味で。 

iDriveの最大の長所はスイッチの少なさではなく、手元に視線をやることなく画面だけ見ながら確実な操作を行えることにある。新しいiDriveもそこは不変。それでいて、周囲のボタンは一度覚えればブラインドタッチできるし、これまで複雑だった階層への行き来も楽になっている。つまり従来の思想は継承しつつ、初見でも使いやすく進化しているのである。また、8.8インチワイドのモニターの画質が格段にクリアになったのも嬉しいポイントだ。

まずステアリングを握ったのは「335iセダン」。3リッター直列6気筒の直噴ツインターボユニットを搭載するセダンのトップグレードだ。走る、曲がる、止まるのクルマの基本に関わる部分については、今回は特に変更はアナウンスされていない。しかし、それで何が不満だろうか? 低速域で力強く、回せばむせび泣くように高回転域を目指すエンジンの気持ち良さは健在で、アクティブステアリング付きのシャシーも極上の一体感、凝縮感に満ちたフットワークを堪能させてくれる。 

また、大きな変更は無くとも各部の熟成は進められているのだろう。以前より乗り心地のカドが取れたようにも感じられた。あるいは、これはランフラットタイヤの進化かもしれない。 

インパネまわりのデザインはほとんど変わっていない。改良の目玉は、iDriveの操作性向上だ。
インパネまわりのデザインはほとんど変わっていない。改良の目玉は、iDriveの操作性向上だ。 拡大
ボタン追加により、多くの機能画面がワンプッシュで表示できるようになった。
ボタン追加により、多くの機能画面がワンプッシュで表示できるようになった。 拡大
ナビゲーションは、目的地入力やルート設定、地図表示機能が拡張された。画面自体も見やすくなっている。
ナビゲーションは、目的地入力やルート設定、地図表示機能が拡張された。画面自体も見やすくなっている。 拡大

残された課題

続いて「325iツーリング」に乗る。今や十分使える荷室を持ち、そこに便利なガラスハッチを備えるツーリングはライフスタイルギアとして存在感抜群だ。一方で、さすがに335iの後では物足りなく感じるかも…と思ったが、嬉しいことにそれは杞憂でしかなく、上質な走りを楽しめた。2.5リッター直列6気筒ユニットは、ファミリーの中で回り方がもっとも爽快。フットワークにもワゴンということを忘れさせる小気味良さがある。 

ただし、こちらはタイヤが16インチだったにも関わらず、17インチの335iより乗り心地が粗く感じられた。ちょっとした入力にも上屋の揺すられ感が強調されがちなのだ。これは現行3シリーズのほぼ唯一と言っていい、大きな欠点だ。登場当初に比べればだいぶ良くなってはいるが、335iに比べて偏平率の高いタイヤとソフトなサスペンションのマッチングが今ひとつで、バネ下でタイヤが踊るような落ち着きのなさを露呈しているのに加えて、高い位置に重量物が載ることになる電動パノラマサンルーフが、更にそれを助長してしまったのかもしれない。

そもそもユーザーにとってもメーカーにとっても立ち位置やキャラクターが明快な3シリーズだけに、フェイスリフトでもそこにブレは一切無い。あるのは、3年分の確実な進化、熟成を経た姿である。こんな時代ではあるが、そうした3シリーズというブランドの価値を大事に、堅実に誠実に売っていくということさえ忘れなければ、今後も着実に支持されていくはずだ。

(文=島下泰久/写真=webCG)

ツーリングにもセダン同様の改良が施された。
ツーリングにもセダン同様の改良が施された。 拡大
3シリーズツーリングの特徴のひとつは、ハッチガラスの開閉が可能なこと。
3シリーズツーリングの特徴のひとつは、ハッチガラスの開閉が可能なこと。 拡大
3シリーズセダンとツーリングには、それぞれ320i、325i、335iの3タイプが設定される。

【スペック】325iツーリング:全長×全幅×全高=4535×1800×1450mm/ホイールベース=2760mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(218ps/6500rpm、25.5kgm/2750-4250rpm)/価格=558万円(テスト車=651万5000円/メタリックカラー(スペースグレー)=7万5000円/電動パノラマガラスサンルーフ=21万5000円/スピーチコントロール=6万9000円/ダコタレザー=36万6000円/アクティブステアリング=19万3000円)
3シリーズセダンとツーリングには、それぞれ320i、325i、335iの3タイプが設定される。
	
	【スペック】325iツーリング:全長×全幅×全高=4535×1800×1450mm/ホイールベース=2760mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(218ps/6500rpm、25.5kgm/2750-4250rpm)/価格=558万円(テスト車=651万5000円/メタリックカラー(スペースグレー)=7万5000円/電動パノラマガラスサンルーフ=21万5000円/スピーチコントロール=6万9000円/ダコタレザー=36万6000円/アクティブステアリング=19万3000円) 拡大
あなたにおすすめの記事