フォルクスワーゲンのライトウェイトスポーツは環境負担もライト【デトロイトショー09】

2009.01.15 自動車ニュース

【デトロイトショー09】フォルクスワーゲンのライトウェイトスポーツは環境負担もライト

フォルクスワーゲンは、2009年1月11日に開幕した北米デトロイトショーに、スポーツと環境性能を両立するコンパクトロードスター「コンセプト ブルースポーツ」を出展した。

■シート背後には高性能ディーゼルエンジン

2009年のデトロイトショーでフォルクスワーゲンが提案するのは、これからの時代にふさわしい、ファンでエコなコンパクトスポーツだ。
新型ゴルフやシロッコに通じる、新しいフォルクスワーゲンの顔を持つこのオープン2シーターは、全長わずか3990mmのコンパクトさとミドシップのエンジンレイアウトを特徴とするピュアスポーツ。ソフトトップを備えるスタイルはクラシカルだが、中身には徹底した環境対策が盛り込まれている。

シート背後にはフォルクスワーゲンが誇る高出力・低燃費のTDI(直噴ターボディーゼル)またはTSI(過給機付き直噴ガソリン)エンジンを搭載。今回、デトロイトショーに持ち込まれたバージョンには、2リッターのディーゼルが採用されている。
このTDIエンジン、わずか1750rpmの低回転から350Nmもの最大トルクを発生するのが自慢で、最高出力は180ps。6段のデュアルクラッチギアボックス(DSG)との組み合わせで、0-100km/h加速=6.6秒、最高速226km/hをマークする。これだけのパフォーマンスを誇りながら、23.2km/リッター(ECE)の低燃費を達成するのがフォルクスワーゲン流で、アイドリングストップ機構や制動時のエネルギー回生などもこの低燃費に貢献している。もちろん、最新のTDIテクノロジーとNOx吸蔵触媒のおかげで排ガスはクリーンだ。

コンセプト ブルースポーツのボディは、基本的にはスチールで構成されるが、軽量化設計やソフトトップの採用、ボンネットのアルミ化などにより1200kgを切る車両重量を達成。前後重量配分は45:55を実現するという。サスペンションは前:マクファーソンストラット、後:マルチリンクを採用。張り出したフェンダーのなかには、前235/35ZR19、後245/35ZR19のロープロファイルタイヤが収まることになる。

そんな能書きを垂れなくても、見るからに軽快な走りを提供してくれそうなコンセプト ブルースポーツ。ぜひ、市販まで漕ぎ着けてほしい一台だ。

(文=生方聡)

「フォルクスワーゲン・コンセプト ブルースポーツ」
フォルクスワーゲンのライトウェイトスポーツは環境負担もライト【デトロイトショー09】

フォルクスワーゲンのライトウェイトスポーツは環境負担もライト【デトロイトショー09】

フォルクスワーゲンのライトウェイトスポーツは環境負担もライト【デトロイトショー09】

フォルクスワーゲンのライトウェイトスポーツは環境負担もライト【デトロイトショー09】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。