第381回:一足お先に新型ベンツEクラスをチェック!
つくづく“安全はカネで買える”の法則

2009.01.14 エッセイ

第381回:一足お先に新型ベンツEクラスをチェック!つくづく“安全はカネで買える”の法則

安全てんこ盛りの新型Eクラス

さて、新年リポートは連続して去年のやり残しです(笑)。貯まってた面白ネタから“貯金を突き崩す”ように報告いたしましょう!

というのもね。年末に俺はドイツのライプツィヒまで行ってたのだ。そこで行われたのがメルセデス・ベンツ主催の「Tec Day Real Life Safety」。ようするに世界トップレベルというメルセデスの最新安全技術お披露目会なのだが、実は真の目的は新型Eクラスの紹介だったのだ。つまり「今度のEクラスはこんなに安全なクルマになりますよ!」という内容なのである。

ちょっとデトロイトショーのワールドプレミアに間に合わなかったけど、いち早く近づいた人間として、細かく安全装備を紹介します(笑)。

新型Eクラスにはとにかく沢山の最新ハイテク安全デバイスが搭載されるそうで、その一つが進化した「プリセーフブレーキ」。これは前を走るクルマを3つのレーダーで捉え、衝突前にあらかじめ自動でブレーキをかけるモノだ。すでに2006年モデルから実用化がなされていたが、今回2009年モデルでさらに進化し、衝突の約0.6秒前を予測してフルブレーキをかけ、衝撃を大幅に低減してくれるようになった。

また「ナイトビューアシスト」は文字通り赤外線カメラで夜間の視界を確保してくれるもので、「アクティブボンネット」は今流行の歩行者保護システム。歩行者が衝突する直前にボンネットがハネ上がり、衝撃を低減してくれるもの。他メーカーもやっているが、ベンツ流が違うのは、スプリング等を使った機械式を採用しているため繰り返し使える点だ。

そのほか、走行中に斜め後ろのクルマを判断して警告してくれる「ブラインドスポットアシスト」やら、日本車ではお馴染みのステアリング制御システムの「レーンキーピングアシスト」まである。


第381回:一足お先に新型ベンツEクラスをチェック!つくづく“安全はカネで買える”の法則の画像
歩行者との衝突時にボンネットフードがポップアップする「アクティブボンネット」。機械式なのがベンツ流。
歩行者との衝突時にボンネットフードがポップアップする「アクティブボンネット」。機械式なのがベンツ流。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』