これが次期型!? 「スバル・レガシィ・コンセプト」公開【デトロイトショー09】

2009.01.14 自動車ニュース

これが次期型!? 「スバル・レガシィ・コンセプト」公開【デトロイトショー09】

【デトロイトショー09】これが次期型!? 「スバル・レガシィ・コンセプト」公開

富士重工業は、2009年1月11日に開幕したデトロイトショーで、セダン型のコンセプトカー「レガシィ・コンセプト」を発表した。

「レガシィ・コンセプト」は、「レガシィセダン」(現「レガシィB4」)の生誕20周年を記念したコンセプトカーで、同モデルの将来的な方向性を示すもの。
「AWDスポーツとしてのコンセプトと、グローバルミッドサイズセダンとして、大人4人がゆったり使える室内空間との融合を、デザインで表現したモデル」(プレスリリース)とされる。

「存在感」をコンセプトにいただくとおり、その外観は筋肉隆々としてインパクト十分。大径19インチを収めるホイールアーチも大きく盛りあげ、四輪駆動である点を際立たせたという。
実際のボディ寸法は、現行のレガシィB4よりひとまわり大きく、全長×全幅×全高=4795×1820×1500mm。ホイールベースは80mm長い2750mmとなっている。
フロントまわりは、ウィング型のグリルなど他のスバル車にならったデザインとしたうえで、シャープなヘッドランプが組み合わされる。ボンネットの下に収まるのは、3.6リッターと排気量の大きな水平対向6気筒ユニット。

開口部を大きくして機能性も確保したというドアを開ければ、中身は4シーター仕様。
シート表皮はブルーパールをちりばめたホワイトレザーで、ドアトリムなどには対照的なブラックレザーが使われる。強いコントラストを放つインテリアのデザインコンセプトは、ずばり「高品位」だ。

機能面では、機能を集約させたタッチパネル式のセンターディスプレイ、ドライバーの頭上にモニターを備えるサイド&リアビューカメラ、センターコンソールやフロントシートのヘッドレストにモニターを埋め込んだエンターテインメントシステムなどが見どころ。高い安全性を確保しつつ、大人4人がくつろげる雰囲気を演出したという。
なお、「レガシィ」シリーズは、今年中のフルモデルチェンジが予定されている。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る