「iQ」が電気自動車に変身!? トヨタが「FT-EV」を出展【デトロイトショー09】

2009.01.14 自動車ニュース

【デトロイトショー09】iQが電気自動車に変身!? トヨタが「FT-EV」を出展

トヨタ自動車は、2009年1月11日に開幕した北米デトロイトショーに、リチウムイオン電池を搭載した小型EV(電気自動車)のコンセプトモデル「FT-EV」を出展した。

■航続距離80kmの近距離小型コミューター

「Future Toyota-Electric Vehicle」という名の小型EVのコンセプトモデルが「FT-EV」だ。
ベースとなるのは2008年にデビューした「トヨタiQ」。3mを切る全長に4人分のシートを収める優れたパッケージングを活かしながら、ガソリンエンジンの代わりに電気モーターとリチウムイオンバッテリーを搭載することで、ゼロエミッションの電気自動車に生まれ変わった。

航続距離は50マイル、すなわち80km程度を想定し、通勤や買い物といった近距離移動用のクルマと位置づけている。これに近いスタイルになるかどうかは別として、トヨタは2012年までに、この手の小型EVコミューターをアメリカ市場に投入する考えだ。

もちろん、トヨタが得意とするハイブリッドカーの普及もさらに推し進める意向で、2010年代には年間100万台の販売にこぎつけたいとしている。また、プラグインハイブリッドについても、新型「プリウス」をベースにリチウムイオン電池を搭載したモデルを2009年末から500台程度投入する予定。さまざまなニーズに応えられるよう、着実に選択肢を増やしている。
この分野では、しばらくトヨタの優位が続きそうだ。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る