「iQ」が電気自動車に変身!? トヨタが「FT-EV」を出展【デトロイトショー09】

2009.01.14 自動車ニュース

【デトロイトショー09】iQが電気自動車に変身!? トヨタが「FT-EV」を出展

トヨタ自動車は、2009年1月11日に開幕した北米デトロイトショーに、リチウムイオン電池を搭載した小型EV(電気自動車)のコンセプトモデル「FT-EV」を出展した。

■航続距離80kmの近距離小型コミューター

「Future Toyota-Electric Vehicle」という名の小型EVのコンセプトモデルが「FT-EV」だ。
ベースとなるのは2008年にデビューした「トヨタiQ」。3mを切る全長に4人分のシートを収める優れたパッケージングを活かしながら、ガソリンエンジンの代わりに電気モーターとリチウムイオンバッテリーを搭載することで、ゼロエミッションの電気自動車に生まれ変わった。

航続距離は50マイル、すなわち80km程度を想定し、通勤や買い物といった近距離移動用のクルマと位置づけている。これに近いスタイルになるかどうかは別として、トヨタは2012年までに、この手の小型EVコミューターをアメリカ市場に投入する考えだ。

もちろん、トヨタが得意とするハイブリッドカーの普及もさらに推し進める意向で、2010年代には年間100万台の販売にこぎつけたいとしている。また、プラグインハイブリッドについても、新型「プリウス」をベースにリチウムイオン電池を搭載したモデルを2009年末から500台程度投入する予定。さまざまなニーズに応えられるよう、着実に選択肢を増やしている。
この分野では、しばらくトヨタの優位が続きそうだ。

(文=生方聡)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る