マツダが新型「アテンザ」を発売

2012.11.20 自動車ニュース
「アテンザ セダン」
マツダが新型「アテンザ」を発売

マツダが新型「アテンザ」を発売

マツダは2012年11月20日、新型「アテンザ」を発売した。メーカー希望小売価格は250万〜340万円で、月間販売台数は1000台を計画している。

「アテンザ ワゴン」
「アテンザ ワゴン」
「アテンザ ワゴン」
「アテンザ ワゴン」
「アテンザ ワゴン」
「アテンザ ワゴン」

■走り・環境・安全性能を高次元で両立

新型「アテンザ」はマツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と新デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したフラッグシップモデル。クリーンディーゼルエンジン搭載車を設定するなどSKYACTIV技術を全面的に採用し、力強く気持ちの良い走りを目指したほか、快適で上質な乗り心地を実現したという。

また、アイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」や蓄電池にキャパシターを用いた減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」を全車に搭載し、クリーンディーゼルエンジン搭載車では20.0〜22.4km/リッターという燃費(JC08モード)を実現するなど、環境性能を向上させている。

さらにミリ波レーダーやカメラなどにより、障害物を検知し、安全運転をサポートする安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用した。自動ブレーキを作動させるシステムや、車線はみ出し時の警報、AT車でのペダルの踏み間違いによる誤発進を防ぐシステムなどが用意されている。

■「魂動」デザインを追求

ボディーサイズはセダンが全長4860×全幅1840×全高1450mmでステーションワゴンが4800×1840×1480mm。ホイールベースはセダンが2830mmであるのに対し、ワゴンは80mm短い2750mmとされる。
エクステリアにはマツダの新世代車共通のデザインテーマ「魂動―SOUL of MOTION」が採用され、「凛とした存在感と、生命感のあるダイナミックな美しさを表現した」という。この魂動デザインを際立たせる特別なボディーカラーとして「ソウルレッドプレミアムメタリック」を設定。こだわりを持つ職人の手で作り出すような精緻で高品質な「匠塗(TAKUMINURI)」専用プログラムで塗装される。

「アテンザ セダン」のインテリア
「アテンザ セダン」のインテリア
上級グレードに設定されるオフホワイトの本革シート。
上級グレードに設定されるオフホワイトの本革シート。
クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」
クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」

一方、インテリアでは素材や触感、操作機器の形状にこだわり、上質でスポーティーな雰囲気の中に機能性や快適性を融合した。上級グレードの「XD Lパッケージ」「25S Lパッケージ」には2種類の本革シート(オフホワイトまたはブラック)が用意される。

■ディーゼルには6段MTの設定も

マツダ車こだわりの走行性能については、ステアリング、アクセル、ブレーキの操作に応えて、意のままに動く上質な走りを目指した。市街地における快適性、高速走行時の安定感、および山岳路での軽快な操縦性を高次元な領域でバランスさせたとうたわれる。

エンジンはクリーンディーゼル「SKYACTIV-D 2.2」と直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に加え、新開発の「SKYACTIV-G 2.5」の合計3機種が用意される。
「SKYACTIV-D 2.2」は4リッターガソリンエンジン並みの最大トルク(42.8kgm)が自慢。それに対して2種のガソリンエンジンは低速域からの豊かなトルクと静粛性の高さが特徴という。

変速機には発進時以外のほぼ全域でロックアップし、スムーズで素早い変速が可能な6段AT「SKYACTIV-DRIVE」が設定される。またディーゼルエンジン車には、軽快なシフトフィールが楽しめる6段MT「SKYACTIV-MT」を搭載した機種も用意される。

価格帯は、セダン、ワゴンともに250万円(20S)から340万円(XD Lパッケージ)まで。2.5リッターガソリンエンジン搭載車は取得税と重量税が50%減免、その他2リッターガソリンと2.2リッターディーゼルは取得税と重量税が免税となる。

(webCG)

6段MT「SKYACTIV-MT」
マツダが新型「アテンザ」を発売
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る