ハイブリッドカー「ホンダ・インサイト」、北米で復活!【デトロイトショー09】

2009.01.14 自動車ニュース

ハイブリッドカー「ホンダ・インサイト」、北米で復活!【デトロイトショー09】

本田技研工業は、2009年1月11日に開幕した北米デトロイトショーにおいて、ハイブリッド車「インサイト」の新型を発表した。

初代誕生から9年。ホンダのハイブリッド車「インサイト」が、自動車不況にあえぐ北米のデトロイトショーで復活を果たした。

3ドアハッチバックだった初代にリアドアを追加し、5ドアハッチバックのスタイルとなったのは既報のとおり。定員は、5名。同社の燃料電池車「FCXクラリティ」をイメージさせるフロントデザインで、先進性をアピールする。

肝心のハイブリッドユニットは、初代より排気量3割アップの1.3リッターのガソリンエンジンを、電気モーターでアシストするタイプ。北米仕様車の燃費値(EPA方式)は、同じEPA方式で、一般道が40mpg(=17km/リッター)、高速道路は43mpg(=18.2km/リッター)と公表された。
ちなみに、ライバルの現行型「トヨタ・プリウス」は、一般道で20.4km/リッター、高速道路は若干落ちて19.1km/リッター。

日本では、2月5日のデビューを予定。翌6日に200万円を切る価格で発売される見通しだ。

(webCG 関)

新型「ホンダ・インサイト」(写真は全て北米仕様車)
新型「ホンダ・インサイト」(写真は全て北米仕様車)

ハイブリッドカー「ホンダ・インサイト」、北米で復活!【デトロイトショー09】の画像

ハイブリッドカー「ホンダ・インサイト」、北米で復活!【デトロイトショー09】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インサイトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る