【スペック】全長×全幅×全高=4925×1855×1455mm/ホイールベース=2845mm/車重=1900kg/駆動方式=4WD/3リッター V6DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(290ps/4850-6800rpm、42.8kgm/2500-4850rpm)/価格=812.0万円(テスト車=860.0万円/オプションカラー=3.0万円/ドライブアシストパッケージ=45.0万円)

アウディA6アバント 3.0 TFSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】

変化は狙い通りに 2009.01.14 試乗記 アウディA6アバント 3.0 TFSI クワトロ(4WD/6AT)
……860.0万円


アウディのアッパーミドルクラス「A6」が、4年ぶりの世代交代。3リッタースーパーチャージドエンジンを搭載する新グレードの実力を、ワゴンモデルの「アバント」で試した。

時代に合った進化

技術の戦いにおいて、勝者には更に強くなるための素地ができ、ファンの支持もそこに集まる。今やアウディは技術志向のメーカーとして頂点に君臨し、なかでも「A6」は、プレミアムアッパーミドルクラスにおいて敵無しの感さえある。今回、4WDのクワトロシステムや直噴エンジンのFSIに代表されるアウディの看板技術はさらに磨かれ、輝きを増しての新登場となった。

アウディの主張はわかりやすく理に適っており、時代というものをちゃんとわきまえている。ボディは全長5mクラスの堂々たるサイズながら、全車四輪駆動にもかかわらず、セダンが1840kg、ワゴン版のアバントでも1900kgと重量は軽めだし、5.7mの回転半径も立派。初めて登場したときにはややギョッとさせられたものの、シングルフレームグリルの顔もすっかり見慣れて、力強さが印象に残る。アウディの個性を強烈に主張している。

エンジンは整理され、時代を反映した布陣となった。大排気量に頼ることなく、ちいさな排気量から高性能を引き出す。省燃費なこともセールスポイント。3.0TFSIは従来の3.2リッターV6より高性能で、トルクは27%増し、出力は14%増しながら、燃費は8%改善したと主張される。
このあたり、同郷のライバルたる後輪駆動のメルセデスやBMWの同クラス車よりも優れているといえる。

ボデイサイドには、躍動感を強調すべく、アルミ仕上げのモールディングが加えられた。アルミホイールのデザインも、新しいものに。
ボデイサイドには、躍動感を強調すべく、アルミ仕上げのモールディングが加えられた。アルミホイールのデザインも、新しいものに。
 
アウディA6アバント 3.0 TFSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディA4アバント 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2012.6.27 試乗記 アウディA4アバント 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)
    ……653万円

    デザインや機能に変更が加えられた、アウディの基幹モデル「A4」。そのワゴンバージョン「アバント」の走りをリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る