第380回:笑う門には福来たる!
コージの2009年自動車ギョーカイの過ごし方宣言

2009.01.13 エッセイ

第380回:笑う門には福来たる!コージの2009年自動車ギョーカイの過ごし方宣言


第380回:笑う門には福来たる!コージの2009年自動車ギョーカイの過ごし方宣言

景気なんて関係ない!

ちょっと遅いけど、あけましておめでとうございます。小沢コージです。本年もよろしくお願いします!

ってなわけで唐突ですけど、2008年後半より始まった一連の不況&自動車業界の危機(!?)的報道について。俺はどうにも不満に思っている。
たしかに悲惨だし、先が見えないんでしょう。相次ぐ工場の操業休止に、販売低迷。でもメディアはちょっとやり過ぎ、悲観的過ぎじゃないだろうか。

たとえば、国内販売台数500万台割れとは言っても、それでも400万台レベル。つまり400万の人が買うわけですよ。まあ一人一台じゃないから、それ以下かもしれないけどさ。
その昔「コップの水の量をどう捉えるか?」で、その人の心情を推し量るってゲームがあったけど、それでも“半分以上”あるし、“400万台も”売れる!! わけです。
なにしろベンツのSL AMGのブラックシリーズも国内限定12台があっという間に捌けてしまったという話もあり、結局のところ、クルマ好きの大多数は変わらないのだ。

というか逆に考えると、バブルの時に俺は直接好景気を実感するほど稼いだことはなかったし、ついこの間まで円安で、トヨタ、ホンダに日産、マツダが史上最高益を出していた時だって、全くもって濡れ手に泡なんてことはなかった。
もちろん業界全体は潤ってたはずで、間接的にその恩恵は受けてたわけだけど、直接広告作ってるコピーライターでもカメラマンでもないから、実弾たるボーナスはまるでない。

そもそも“景気”ってものに対する考え方は非常に魔物的で、マユツバで、イメージ先行でウソ臭い。目に見える範囲で俺たちは、日々、原稿を書いてそれなりの原稿料を頂いておまんま食ってることに違いはないわけですよ。そもそも政府やマスコミが言う“好景気”なんて、ウソばっかりだったでしょう!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』