「VWティグアン」に1.4リッターFF車が登場

2012.11.20 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に1.4リッターFF車が登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年11月20日、コンパクトSUVの「ティグアン」に、1.4リッターFF車の「TSIブルーモーションテクノロジー」「TSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」を追加。同日、販売を開始した。

追加された2つの新グレードは、パワートレインに1.4リッターTSIエンジンと6段DSGを採用。ターボとスーパーチャージャーの2つの過給機により、150ps/5800rpmの最高出力と24.5kgm/1500-4000rpmを発生する。また、アイドリングストップ機構の「Start/Stopシステム」やブレーキエネルギー回生システムなどの採用により、14.6km/リッター(JC08モード)の燃費性能も獲得。75%のエコカー減税にも対応している。

このほかにも、走行中にアクセルペダルから足を離した際、トランスミッションとエンジンを切り離すことで惰性走行を行う「コースティング走行モード」を採用。無駄な燃料消費をより抑えられるようになった。

また、新たに新型のメーカー純正ナビゲーションシステムである「712SDCW」を標準装備。ドライバーは2年間無償で地図データを更新できるほか、オンライン交通情報検索によるルート案内や、iPhoneを介したニュース、天気予報といった、情報サービスが利用できるようになった。

グレードはベーシックな「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」(339万円)と、専用のエクステリアパーツや18インチアルミホイール、スポーツサスペンションなどを装備した「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」(379万円)のほか、既存の2リッター4WD車「Rライン」も、「ティグアン2.0TSI Rライン 4モーション」(426万円)と名称を改め、継続販売される。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」
「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」
「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」
1.4リッターTSIエンジン
1.4リッターTSIエンジン
新型のメーカー純正ナビには、駐車時などに重宝するリアビューカメラも標準装備。
新型のメーカー純正ナビには、駐車時などに重宝するリアビューカメラも標準装備。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/7AT)【試乗記】 2012.1.16 試乗記 フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/7AT)
    ……416万3000円

    フォルクスワーゲンのブランドフェイスを手に入れた新しい「ティグアン」で長距離ドライブを決行。東京から約800kmを走行し、気付いたこととは?
  • フランクフルトショー2015の会場から(その8) 2015.9.19 画像・写真 独フォルクスワーゲン(VW)はフランクフルトショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「ティグアン」を発表した。「ゴルフGTI」のデビュー40周年記念車「ゴルフGTIクラブスポーツ」と併せて画像で紹介する。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • デトロイトショー2016(その9) 2016.1.19 画像・写真 フォルクスワーゲンはデトロイトショー2016で、「ティグアンGTE アクティブコンセプト」を公開した。その姿を画像で紹介する。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る