「VWティグアン」に1.4リッターFF車が登場

2012.11.20 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に1.4リッターFF車が登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年11月20日、コンパクトSUVの「ティグアン」に、1.4リッターFF車の「TSIブルーモーションテクノロジー」「TSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」を追加。同日、販売を開始した。

追加された2つの新グレードは、パワートレインに1.4リッターTSIエンジンと6段DSGを採用。ターボとスーパーチャージャーの2つの過給機により、150ps/5800rpmの最高出力と24.5kgm/1500-4000rpmを発生する。また、アイドリングストップ機構の「Start/Stopシステム」やブレーキエネルギー回生システムなどの採用により、14.6km/リッター(JC08モード)の燃費性能も獲得。75%のエコカー減税にも対応している。

このほかにも、走行中にアクセルペダルから足を離した際、トランスミッションとエンジンを切り離すことで惰性走行を行う「コースティング走行モード」を採用。無駄な燃料消費をより抑えられるようになった。

また、新たに新型のメーカー純正ナビゲーションシステムである「712SDCW」を標準装備。ドライバーは2年間無償で地図データを更新できるほか、オンライン交通情報検索によるルート案内や、iPhoneを介したニュース、天気予報といった、情報サービスが利用できるようになった。

グレードはベーシックな「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」(339万円)と、専用のエクステリアパーツや18インチアルミホイール、スポーツサスペンションなどを装備した「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」(379万円)のほか、既存の2リッター4WD車「Rライン」も、「ティグアン2.0TSI Rライン 4モーション」(426万円)と名称を改め、継続販売される。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」
「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」
「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」
1.4リッターTSIエンジン
1.4リッターTSIエンジン
新型のメーカー純正ナビには、駐車時などに重宝するリアビューカメラも標準装備。
新型のメーカー純正ナビには、駐車時などに重宝するリアビューカメラも標準装備。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る