「アウディA6」新世代へ スーパーチャージャー付きの新グレードも

2009.01.13 自動車ニュース
「アウディA6」
「アウディA6」マイナーチェンジ スーパーチャージャー付きの新グレードも

アウディA6」新世代へ スーパーチャージャー付きの新グレードも

アウディ・ジャパンは2009年1月13日、ミドルクラス「A6」シリーズの新型を日本に導入。同日に発売した。

 
「アウディA6」新世代へ スーパーチャージャー付きの新グレードもの画像
新たに追加された3リッターのスーパーチャージドユニット。0-100km/h加速に要する時間は5.9秒(欧州仕様車)と伝えられる。
新たに追加された3リッターのスーパーチャージドユニット。0-100km/h加速に要する時間は5.9秒(欧州仕様車)と伝えられる。
 
「アウディA6」新世代へ スーパーチャージャー付きの新グレードもの画像

日本デビューから4年あまりを経て、アウディのアッパーミドルクラス「A6」が新しくなった。
エクステリアは、フロントまわりを中心に化粧直し。ヘッドランプの下端には他モデルでもお馴染みのLEDポジションランプが配され、シングルフレームグリルの格子やバンパーの形状も改められた。さらに、躍動感を演出したというアルミの化粧ラインをボディサイドに添え、新デザインのアルミホイールやターンシグナル内蔵型のドアミラーを採用。セダンモデルは、リアのランプ形状が基幹モデル「A4」に通じるデザインに。実質的な内容は、マイナーチェンジである。

機能面では、ドアミラーに備わる警告灯で周囲の併走車に注意を喚起する「アウディサイドアシスト」や、車線からの逸脱を監視する「アウディレーンアシスト」をセットにしたオプション、「アウディドライブアシスト」が新しい。
シャシーは先代のものを引き継ぐが、フロントショックアブソーバーの大径化やクワトロシステムの前後トルク配分変更(前40:後60)などが行われ、乗り心地、運動性能ともに向上が図られた。

なかでも注目は、新エンジンを搭載する「3.0 TFSI クワトロ」が新たに投入されたこと。シリンダーバンク間にスーパーチャージャーを備える3リッターユニットは、290ps、42.8kgmを発生。従来型3.2リッターNAの255ps、33.6kgmを大きく上まわり、トルク値はV8ユニット(350ps、44.9kgm)に迫る。いっぽう燃費は、10・15モード値で「3.2」の8.7km/リッターから9.4km/リッターへと向上。パフォーマンスと環境性能を両立したとアピールされる。
エントリーグレードの「2.8 FSI クワトロ」は、エンジンの摩擦抵抗低減を図り、出力が10psアップの220psに。ほか、アダプティブエアサスペンションや19インチホイールを備える「3.0 TFSI クワトロ S-line」も加え、全3グレードでラインナップする。
なお、従来の3.2リッターV6モデル「3.2 FSI クワトロ」と4.2リッターV8モデル「4.2 FSI クワトロ S-line」はカタログから姿を消した。

価格はセダンの「A6」が「2.8 FSI クワトロ」の645.0万円から、「3.0 TFSI クワトロ S-line」の861.0万円まで。ワゴンの「A6アバント」はそれぞれセダンより32.0万円高く、「2.8 FSI クワトロ」の677.0万円から、「3.0 TFSI クワトロ S-line」の893.0万円まで。トランスミッションは全車6AT(ティプトロニック)、ハンドル位置は右のみとなっている。

2008年8月にデビューし、今回新たに日本で発売された580psのスーパーセダン、「アウディRS6」。
2008年8月にデビューし、今回新たに日本で発売された580psのスーパーセダン、「アウディRS6」。
ワゴンモデルの「A6アバント」にも同様の変更が実施された。
ワゴンモデルの「A6アバント」にも同様の変更が実施された。

さらなるハイパフォーマンスモデルとしては、5.2リッターV10モデル「S6」シリーズや、ターボ付きの5リッターV10を搭載し580psを発生する「RS6」シリーズもラインナップする。いままでワゴンモデルのみだった後者には、新たにセダンモデルが追加された。

価格は順に、「S6」が1228.0万円で、「S6 アバント」は1260.0万円。「RS6」は1645.0万円、「RS6アバント」は1680.0万円。いずれも、ハンドル位置は左右両方が用意される。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 6アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る