ダイハツ:“カクカク・シカジカ”ムーヴコンテに注目【東京オートサロン09】

2009.01.10 自動車ニュース
「ダイハツ」ブース。写真手前は「MOVE CONTE CUSTOM “Urban & Cool Style”」。
ダイハツは“カクカクシカジカ”ムーヴコンテに注目【東京オートサロン09】

【東京オートサロン09】ダイハツ:“カクカク・シカジカ”ムーヴコンテに注目

ダイハツ工業は、2009年1月9日から開催される「東京オートサロン2009 with NAPAC」に「ムーヴコンテ」のカスタマイズカーなど、7台の軽自動車を出展した。


ダイハツ:“カクカク・シカジカ”ムーヴコンテに注目【東京オートサロン09】の画像
(写真上下)「D(DOG)-SPORT MOVE CONTE My Sneacar」
(写真上下)「D(DOG)-SPORT MOVE CONTE My Sneacar」
「TANTO CUSTOM -SPORZA-」
「TANTO CUSTOM -SPORZA-」

ダイハツブースのイチオシは、2008年8月にデビューした「ムーヴコンテ」シリーズのカスタマイズカーだ。

ダイハツ車のトータルチューニングブランド「D-SPORT」が手がけた「D(DOG)-SPORT MOVE CONTE My Sneacar」は、その名のとおり、車体全体がスニーカーのカラーリングで、オリジナルのフォグランプやペットを繋げるリードフックなどを装備。ワンコはもちろん、好きな相棒と気軽にどこにでも出かけてほしいという思いを込めたという。
走りのほうも抜かりなく、D-SPORTオリジナルのローダウンスプリングやストラットタワーバー、ブレーキローターなどで足まわりを強化。水温計と油温計はもとより、タイヤ圧のモニタリングシステムなど計器類を充実させ、クルマとドライバーとの対話もしやすいようにしたとのことだ。

いっぽう、「MOVE CONTE CUSTOM “Urban & Cool Style”」は、ダイハツの純正アクセサリーで内外装をドレスアップ。メッキとストライプのエクステリアに、LEDイルミネーションのインテリアと、カスタムの王道でキメた。

スライドドアのハイトワゴン「タント」は、純正用品ブランド「SPORZA」のパーツでスポーティ感を演出。車内ではブラックのウッド調フローリングが目をひく。

全体的に、今年は家族向けの展示にしたとはダイハツの弁だが、エアロパーツやカーボン調パネルでコテコテ飾った「MOVE CUSTOM -SPORZA-」なども、そろって展示。
軽自動車のオープンカー「コペン」もまだまだ人気とのことで、エアロパーツにメッシュグリル程度と軽めのカスタマイズながら、会場の中央でスポットライトを浴びていた。

(webCG 関)

「MOVE CUSTOM -SPORZA-」
「MOVE CUSTOM -SPORZA-」
「COPEN -Dress Up Style '09 Ver.-」
「COPEN -Dress Up Style '09 Ver.-」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。