日産:不況に負けじと、パワフルな日産ブース【東京オートサロン09】

2009.01.10 自動車ニュース

【東京オートサロン09】日産:不況に負けじと、パワフルな日産ブース

不況、不況と騒がれる昨今だけに「今年はしょっぱくなるかもな……」と心配していたオートサロンだが、ヤルべきメーカーはきちんとヤッてる状況を見てひと安心。その中でも一番輝いていたと思うのが日産だった。

■人気の高い「フェアレディZ」

日産ブースには、日産自動車とそのモータースポーツ部門のNISMO、さらにカスタマイズパーツを担当するオーテックの3社が同居する。壇上中央に今年の主役であるイエローの「フェアレディZ」、その両脇には「XANAVI NISMO GT-R」と「オーテック・キューブライダー ハイパフォーマンススペック」が並べられ、「日産カスタマイズ2009」と銘打った展示がされていた。
ブース全体も広く、日産の走りのイメージを直感させる赤カーペットも鮮やか。オートサロンに来場するファンの期待を、見事にクリアできたと思う内容だった。

今年の主役「フェアレディZ」は、やはり抜群の注目度。そのディーラーオプションである「S-tuneエアロパッケージ」装着車は間近で見ることができ、さらに実際に座れるとあってこちらも黒山の人だかりだった。

■まるで“走るデジカメ”

「空想くるまプロジェクト」の一般公募アイデアを採用した「キューブ ドライブショット コンセプト」もユニーク。これには旅先などで出会った風景を撮影できるオンボードカメラがダッシュボードに取り付けられており、そのデータはそのまま車載ハードディスクに保存可能。さらに、インターネットアクセスでブログにもその場でアップできるというもの。
実に単純な内容だけれど、ジョイスティックでカメラがクルクル動き、そのデジタル画像がナビモニターに映る様子は新鮮。ついにキューブは、走るデジカメになってしまったのだ!

「自動車とライフスタイル」という言葉が安売りされるわりに、具体的なアイデアが出てこないのが国産メーカーの特徴なだけに、それを実践したこのクルマはえらい。これからは、走り以外でも乗って楽しいクルマでないとダメなのだ。

■GT-Rも出してくれ!

NISMOエリアには、スーパーGTの「フェアレディZ」と「GT-R」、R35スカイラインGT-Rの「クラブスポーツパッケージ」が並ぶ。オーテックエリアにはキューブ/エルグランド/セレナの「Rider/Rider ハイパフォーマンススペック」シリーズ、ティアナ/ティーダの「AXIS/AXIS パフォーマンススペック」などが展示されていた。

残念なのは、発表されたばかりの「R35GT-R SpecV」の展示がなかったこと。様々な理由からチューニング文化とは距離を置いているR35 GT-Rだが、両者の関係は切っても切れないものであるはず。「不正にチューニングさせない」「無茶させない」ことを命題とするならば、それこそチューナーが「参りました!」とギブアップするような内容のチューニングカーをメーカー自らが出すべきだ。コンセプトでもいいから、日産がGT-Rに求めるライフスタイルを壇上で提案し、自らが進みたい道を強く示してほしいところ。キューブでやったみたいに、ね。

とにかくオートサロンに来る人々は期待しているのだ。日産には。

(文=山田弘樹/写真=webCG)


日産:不況に負けじと、パワフルな日産ブース【東京オートサロン09】の画像
「日産フェアレディZ スタイリッシュパッケージ」
「日産フェアレディZ スタイリッシュパッケージ」
「キューブ ドライブショット コンセプト」
「キューブ ドライブショット コンセプト」
「NISMOクラブスポーツパッケージ」装着車。
「NISMOクラブスポーツパッケージ」装着車。
「オーテック・キューブライダー ハイパフォーマンススペック」
「オーテック・キューブライダー ハイパフォーマンススペック」
関連記事
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 日産キューブ アクシス/キューブ ライダー パフォーマンススペック 2013.3.22 画像・写真 オーテックジャパンがカスタマイズした2台の特別な「日産キューブ」を写真で紹介。
  • 日産キューブEX(4AT/CVT)【試乗記】 2002.10.15 試乗記 日産キューブEX(4AT/CVT)
    ……144.2/147.0万円

    メディア、評論家の声をよそに(?)思わぬヒット作となった日産キューブ。貴重な稼ぎ手の新しいモデルは、角がとれたキューブ。さっそくステアリングホイールを握った自動車ジャーナリスト、河村康彦は、しかし気になる点があるのだった……。


  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る