トヨタ、北米でテレマティクス・サービスを展開

2009.01.09 自動車ニュース

トヨタ、北米でテレマティクス・サービスを展開

トヨタ自動車は、車載通信機能を使って様々な情報提供を行うテレマティクス・サービスを、北米で展開していくと発表した。

■緊急時の連絡や盗難車両の追跡を実現

トヨタ自動車は、2009年から北米で新しいテレマティクス・サービスを展開していくことを発表した。同社は日本では「G-BOOK」やレクサス向けの「G-Link」といったサービスを展開しており、そこで培ったノウハウを今後、北米向けのサービスに展開していく。

テレマティクスとは、移動中の車両に情報提供を行ったり、安全の確保や防犯に役立てたりする通信サービスのこと。北米では「Safety Connect」として、2009年半ば頃よりトヨタ車(の一部)への搭載が予定されており、レクサス車には、Safety Connectの機能をさらに充実させたサービスが「Lexus Enform」の名で展開される。

「Safety Connect」と「Lexus Enform」のユーザーには、エアバッグ展開時や追突時にセンターからドライバーに安否確認の連絡を行ったり、ドライバーからの応答がない場合に緊急車両の手配を行なったりするサービスが提供される。

また、盗難時に車両IDとGPSから登録車両の場所を特定し、犯罪解決に役立てるほか、緊急時にドライバーが任意でセンターと連絡をとれるようにする「SOSボタン」や、パンク修理やガス欠時のロードサービスにも応対する。

レクサス向けのサービス「Lexus Enform」では、これらのサービスに加え、オペレーターによるナビゲーション目的地の代行設定やレストランの紹介を行うサービスなどが含まれる。また、パソコン上でナビゲーションの目的地設定ができ、ワイヤレスで車両への送信を可能とするなど、テレマティクスをサービスの質や利便性の向上に役立てていく試みがとられる。

(webCG 曽宮)


トヨタ、北米でテレマティクス・サービスを展開の画像
「Safety Connect」のSOSボタン
「Safety Connect」のSOSボタン
「Lexus Enform」のメニュー画面
「Lexus Enform」のメニュー画面
「Lexus Enform」のナビゲーション画面
「Lexus Enform」のナビゲーション画面

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。