【スペック】全長×全幅×全高=4815×1855×1425mm/ホイールベース=2710mm/車重=1700kg/駆動方式=4WD/3.6リッターV6DOHC24バルブ(299ps/6600rpm、35.7kgm/2400-5300rpm)/価格=602.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・パサートCC V6 4MOTION(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・パサートCC V6 4MOTION(4WD/6AT) 2009.01.09 試乗記 ……602.0万円
総合評価……★★★★

実直な「パサート」をベースに企画された、スタイリッシュな4ドアクーペ「パサートCC」。デザインの洗練はさることながら、さて、その乗り味はいかに?

素材とソースの幸福な出会い

背が低い4ドアHTの「トヨタ・カリーナED」が一世を風靡したのは1980年代後半から90年代にかけてのこと。「親不孝グルマ」と言われ、リポーター自身最初は「理念も何もないクルマ」と批判した覚えがあるが、モデル末期になると「カッコがいいから、それなりにいいんじゃないか?」と考え直すようになっていた。良きにつけ悪しきにつけ、クルマという商品にとって、何が大切なのかを考え直させてくれたものだ。それと同じ流れに乗ってメルセデスが「CLS」を登場させたとき、賛否両論が起きたのも思い出される。
今回デビューした「パサートCC」も、やはり背の低い4ドアピラードハードトップクーペ。ヨーロッパではこの種のクルマによって、比較的余裕があるユーザー相手に、新しい市場を開拓したいという気持ちが生まれているようだ。
ベースはその名前が示すように、実用性や合理性を徹底追及し、遊びの要素になど見向きもしていないパサートセダン。これを元に、一転して華やかなイメージを追求した路線にと開き直ったのがCCだ。
結論から言うなら、CCは予想外に洗練されて上質なクルマに仕上がっていた。その美点の大半は、土台となったパサートの高い完成度に依存している。だが、その生真面目さとは対照的に艶やかなルックスや雰囲気も大きな魅力だった。やはりどんな料理でも、素材が大切なのはもちろん、ソースによってそれはさらに引き立てられるということを、あらためて知らされた。

 
フォルクスワーゲン・パサートCC V6 4MOTION(4WD/6AT)【ブリーフテスト】の画像
 
フォルクスワーゲン・パサートCC V6 4MOTION(4WD/6AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートCCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る