ダッジから新型7人乗りミニバン「ダッジJC」登場

2009.01.08 自動車ニュース
ダッジJC
ダッジから新型7人乗りミニバン「ダッジJC」登場

ダッジから新型7人乗りミニバン「ダッジJC」登場

クライスラー日本は、ダッジブランドの新型ミニバン「ダッジJC」を2009年1月17日に発売すると発表した。

■元祖ミニバンの進化型

「ダッジJC」は、7人乗り・3列シートのクロスオーバー・ミニバンだ。北米では、2008年初旬より「ダッジ・ジャーニー」の名で販売されており、日本市場のほかにも世界各国での展開が計画されるグローバルモデルである。

日本では長らく、全長が5m以下の「ボイジャー」とそのロング版「グランドボイジャー」の2モデルがクライスラーブランドにラインナップされていたが、このモデルの導入によって、今後はミドルサイズを「ダッジJC」が、ラージサイズは「クライスラー・グランドボイジャー」が受け持つこととなった。

ダッジJCのボディサイズは、全長×全幅×全高=4895×1880×1720mm。ホイールベースは2890mm。プラットフォームは、Dセグメントのセダンモデル「アベンジャー」と共用しており、駆動方式はFF。サスペンションはフロントにストラット、リアにマルチリンクを採用する。

エンジンは、最高出力185ps/5500rpm、最大トルク26.1kgm/4000rpmの2.7リッターV6DOHCを搭載する。組み合わされるトランスミッションは6段AT。10・15モード燃費は8.3km/リッターと公表されている。

インテリアは、2列目シートが1列目より40mm高く、3列目は2列目よりさらに17mm高いスタジアムタイプのシート配置とした。

また、2列目を約120mmスライド可能としたことや、3列目にリクライニング機能(最大6度)を持たせることで居住性を高めた。さらに2列目シートバックのレバーを回すとクッションが跳ね上がり、前方へスライドできる「Tilt'n Slide」(チルト&スライド)や、助手席シートクッションを前方に引き上げると330m缶を12本収納可能な「Flip'n Stow」(フリップ&ストウ)などの機能により、インテリアの自由度や収納性を高めた。

バリエーションは、「SXT」の1グレードのみで、価格は362万2500円。

→ ダッジJC海外試乗記

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
JCダッジ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【試乗記】 2007.8.6 試乗記 ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)
    ……361万2000円

    ゴツいボディと、大きな十字を付けたグリルが印象的な「ダッジ・ナイトロ」。日本(再)上陸を果たしたアメリカンブランドの注目モデルである。3.7リッターV6+4ATのミドルSUVはどうなのか?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2007.11.28 試乗記 ……361万2000円
    総合評価……★★★★

    アメ車らしいゴツいエクステリアが特徴の「ダッジ・ナイトロ」。プレミアムやスポーティなSUVがひしめく中、このクルマの輝きはどこにあるのか?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • 第3回:「XT5クロスオーバー」の走りに宿る
    プレミアムブランドとしての矜持
    2018.1.11 キャデラックXT5クロスオーバー解体新書<PR> キャデラックが誇る最新SUVの魅力を、全4回に分けて紹介する「キャデラックXT5クロスオーバー解体新書」。今回はシチュエーションを問わない快適性とドライバビリティーを通し、広大なアメリカの大地が鍛えたプレミアムSUVの地力をリポートする。
ホームへ戻る