ダッジから新型7人乗りミニバン「ダッジJC」登場

2009.01.08 自動車ニュース
ダッジJC
ダッジから新型7人乗りミニバン「ダッジJC」登場

ダッジから新型7人乗りミニバン「ダッジJC」登場

クライスラー日本は、ダッジブランドの新型ミニバン「ダッジJC」を2009年1月17日に発売すると発表した。

■元祖ミニバンの進化型

「ダッジJC」は、7人乗り・3列シートのクロスオーバー・ミニバンだ。北米では、2008年初旬より「ダッジ・ジャーニー」の名で販売されており、日本市場のほかにも世界各国での展開が計画されるグローバルモデルである。

日本では長らく、全長が5m以下の「ボイジャー」とそのロング版「グランドボイジャー」の2モデルがクライスラーブランドにラインナップされていたが、このモデルの導入によって、今後はミドルサイズを「ダッジJC」が、ラージサイズは「クライスラー・グランドボイジャー」が受け持つこととなった。

ダッジJCのボディサイズは、全長×全幅×全高=4895×1880×1720mm。ホイールベースは2890mm。プラットフォームは、Dセグメントのセダンモデル「アベンジャー」と共用しており、駆動方式はFF。サスペンションはフロントにストラット、リアにマルチリンクを採用する。

エンジンは、最高出力185ps/5500rpm、最大トルク26.1kgm/4000rpmの2.7リッターV6DOHCを搭載する。組み合わされるトランスミッションは6段AT。10・15モード燃費は8.3km/リッターと公表されている。

インテリアは、2列目シートが1列目より40mm高く、3列目は2列目よりさらに17mm高いスタジアムタイプのシート配置とした。

また、2列目を約120mmスライド可能としたことや、3列目にリクライニング機能(最大6度)を持たせることで居住性を高めた。さらに2列目シートバックのレバーを回すとクッションが跳ね上がり、前方へスライドできる「Tilt'n Slide」(チルト&スライド)や、助手席シートクッションを前方に引き上げると330m缶を12本収納可能な「Flip'n Stow」(フリップ&ストウ)などの機能により、インテリアの自由度や収納性を高めた。

バリエーションは、「SXT」の1グレードのみで、価格は362万2500円。

→ ダッジJC海外試乗記

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
JCダッジ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2007.11.28 試乗記 ……361万2000円
    総合評価……★★★★

    アメ車らしいゴツいエクステリアが特徴の「ダッジ・ナイトロ」。プレミアムやスポーティなSUVがひしめく中、このクルマの輝きはどこにあるのか?
  • 第93回:高齢者の免許返納義務化は是か非か 2018.6.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第93回は「高齢者の免許返納義務化は是か非か」。増え続ける高齢者の事故、その解決策は免許返納しかないのか!? クルマと運転を愛するカーマニアとして、筆者が期待する未来のクルマ社会とは? 
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【試乗記】 2007.8.6 試乗記 ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)
    ……361万2000円

    ゴツいボディと、大きな十字を付けたグリルが印象的な「ダッジ・ナイトロ」。日本(再)上陸を果たしたアメリカンブランドの注目モデルである。3.7リッターV6+4ATのミドルSUVはどうなのか?
  • 第94回:依存症が止まらない 2018.6.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第94回は「依存症が止まらない」。“もうすぐおじいちゃん”を自認する筆者が、「コレなしでは生きていけない」と言い切る生活必需品とは? 食べ物からクルマまで、ムリなく前進するためのこだわり生活を解剖する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る