【スペック】全長×全幅×全高=3715×1680×1590mm/ホイールベース=2360mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(88ps/5600rpm、11.9kgm/4400rpm)/価格=123万9000円(テスト車=同じ)

スズキ・スプラッシュ(FF/CVT)【ブリーフテスト】

スズキ・スプラッシュ(FF/CVT) 2009.01.08 試乗記 ……123万9000円
総合評価……★★★★★

各所からヨーロッパの香りただよう新型コンパクトカー「スプラッシュ」。ハンガリー製のスズキはどんな走りをみせるのか。

スズキ・スプラッシュ(FF/CVT)【ブリーフテスト】

欧州車の走りを日本車価格で

試乗した感想は? と聞かれたら「ビックリした」というのが正直な気持ちだ。ハンガリーで生産される「スズキ・スプラッシュ」の走り味は、日本車というよりドイツ車に近く、しかもかなりレベルが高い。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に匹敵するんじゃないかと思うほど。それが(ゴルフの)半値で手に入るのだから、ハンガリー製をあなどってはいけない。

でも考えてみれば、「フィアット500」や「ルノー・トゥインゴ」も東欧産だが、走りは西欧産に劣っていない。並行輸入の「ダチア・ロガン」も同じ。どれも完全にヨーロッパ車のレベルにある。

スプラッシュは仕上げの面ではたしかにドイツ製や日本製には及ばない。でもユーザーは、それらの最新型がアピールする質感の高さより、価格の安さのほうがウレシイのではないか。ダチア・ロガンが西ヨーロッパでも売れているのはその証拠だし、わが国でも若いユーザーはそう思っているような気がしてならない。
現に衣料や家電製品など、現在身のまわりにある工業製品のほとんどはジャパン・ブランドであっても国産ではない。クルマだけどうして日本製にこだわるのか。不思議に感じる人がいてもおかしくない。

派遣切り騒動まっただなかの日本で、安く作れる国で作るという手法はアピールしにくいかもしれないけれど、そういう国で正規雇用をおこなって生産できるなら、地球全体で見れば幸せじゃないだろうか。そもそも安くてよく走るクルマを生み出すことが、コンパクトカーにおける理想であるはず。スプラッシュはその理想にかなり近い位置にいるのではないだろうか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スプラッシュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)/ワゴンR 20周年記念車(FF/CVT)【試乗記】 2013.8.13 試乗記 「エネチャージ」「新アイドリングストップ」「デュアルジェットエンジン」の採用で26.4km/リッターの低燃費を実現した「スイフト」と、衝突被害軽減ブレーキを搭載した「ワゴンR」に試乗した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る