「シボレー・コルベット」2009年モデル発売

2009.01.07 自動車ニュース

「シボレー・コルベット」2009年モデル発売

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、2009年モデルの「シボレー・コルベット」を、2009年1月10日に発売する。

外観の変更点は、クロスフラッグのエンブレムと5スポーツアルミホイールをクロームタイプに変更したこと。
機能面では、ABSや、トラクションコントロール、アクティブハンドリングシステムに改良を施し、スポーツ性能を高めたという。
また、ボディカラーに新色クリスタルレッド、ブレイドシルバー、サイバーグレーを追加し、全9色とした。

価格は、コルベットクーペが755.0万円(6AT)と713.0万円(6MT)、コンバーチブルは、875.0万円(6AT)となる。

なお、7リッターV8エンジン搭載のハイパフォーマンスモデル「ZO6」の2009年モデルは、2008年11月15日に発売済み。
こちらは、クロームアルミホイールの採用やボディカラーの追加、インテリアのカラーリング変更などが行われ、価格は、985.0万円(6MT)。

(webCG ワタナベ)

「コルベットクーペ」
「コルベットクーペ」
「コルベット コンバーチブル」
「コルベット コンバーチブル」
「コルベットZ06」
「コルベットZ06」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • 5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデル 2017.4.5 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に5台限定の特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」が登場。量販モデルに初めて高性能モデルの「グランスポーツ」が設定されたときと同じく、ボディーカラーには「アドミラルブルー」が用いられている。
  • 第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7 2017.3.30 特集 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
ホームへ戻る