「シボレー・コルベット」2009年モデル発売

2009.01.07 自動車ニュース

「シボレー・コルベット」2009年モデル発売

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、2009年モデルの「シボレー・コルベット」を、2009年1月10日に発売する。

外観の変更点は、クロスフラッグのエンブレムと5スポーツアルミホイールをクロームタイプに変更したこと。
機能面では、ABSや、トラクションコントロール、アクティブハンドリングシステムに改良を施し、スポーツ性能を高めたという。
また、ボディカラーに新色クリスタルレッド、ブレイドシルバー、サイバーグレーを追加し、全9色とした。

価格は、コルベットクーペが755.0万円(6AT)と713.0万円(6MT)、コンバーチブルは、875.0万円(6AT)となる。

なお、7リッターV8エンジン搭載のハイパフォーマンスモデル「ZO6」の2009年モデルは、2008年11月15日に発売済み。
こちらは、クロームアルミホイールの採用やボディカラーの追加、インテリアのカラーリング変更などが行われ、価格は、985.0万円(6MT)。

(webCG ワタナベ)

「コルベットクーペ」
「コルベットクーペ」
「コルベット コンバーチブル」
「コルベット コンバーチブル」
「コルベットZ06」
「コルベットZ06」

関連キーワード:
コルベットカマロ コンバーチブルシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る