【スペック】全長×全幅×全高=2985×1680×1500mm/ホイールベース=2000mm/車重=890kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(68ps/6000rpm、9.2kgm/4800rpm)/価格=160.0万円(テスト車=193万2955円)

トヨタiQ 100G“レザーパッケージ”(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタiQ 100G“レザーパッケージ”(FF/CVT) 2009.01.07 試乗記 ……193万2955円
総合評価……★★★

2008年度の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「トヨタiQ」。小さな巨人と誉れ高い同車の実力を、最上級グレードで試してみた。

課題は山ほどある

一見すると「パッソ」の後半部分を切り詰めて短期間で造りあげたような印象を受ける。実際には、FFユニットを前後さかさまにしてデフ側を前にし、エンジンを後退させるなどの工夫までもして全長を切り詰めてある。

四隅に位置するタイヤのレイアウトからみても、非常に小回りは利きそう。しかし実際に狭い場所に出入りしてみると、意外にボディの大きさを持て余してしまう。各コーナーに配した、バンパーに相当する「コーナーパッド」も、本来こすれてもいいパーツではあるが、気になってしまうもの。自信をもって障害物ギリギリをかすめることはできない。

これは、ひとえに視界の問題だけではない。詳しくは後述するが、天地寸法が大きなドアとシートポジション、タイヤの位置関係や操舵フィールなど、まだまだ初期段階で検討もしくは実験すべきことは残されているように思われる。そのなかでも外観デザインに起因する乗りにくさこそ、大きなマイナスポイントになっている。

はっきり言ってしまえば、メルセデス製コンパクトカー「スマート」の2匹目のドジョウを狙ったものと思われるが、徹底して相手を凌駕するまでレベルを上げてしまわないと、パクリであるという評価を払拭することは出来ない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る