キャデラックのSUV「SRX」がモデルチェンジ【デトロイトショー09】

2009.01.06 自動車ニュース

【デトロイトショー09】キャデラックのSUV「SRX」がモデルチェンジ

米ゼネラルモーターズは、2009年1月11日に開幕するデトロイトショーにミドルサイズSUV「キャデラックSRX」の新型を出展すると発表した。

キャデラックブランドのSUV「SRX」が、2010年モデルから一新される。
シールドグリルや縦型ヘッドライトといった、キャデラックらしい表情はそのままに、ボディサイドにキャラクターラインを入れるなどして躍動感を表現。「ワイドスタンス、ミニマルオーバーハング」が特徴のエクステリアデザインとなった。
走りの面では、電子制御リミテッドスリップデフ(eLSD)付きの4WDシステムを採用したことが新しい。前輪軸から後輪軸だけでなく、必要に応じて後輪車軸から左右へもトルクを伝達し、路面状況を選ばない安定した走りを実現するという。

従来3.6リッターV6と4.6リッターV8の2本立てだったエンジンはダウンサイジングされ、2.8リッターターボと3リッターNA、2種類のV6のみになった。組み合わされるトランスミッションは、マニュアルモード付きの6AT。どちらのエンジンも直噴技術を採用し、CO2排出量を削減するなど環境性能もアップさせたのがアピールポイント。

定員は5名。キャデラック/プレミアムチャネル、北米副社長のマーク・マクナブ氏によれば、「新型SRXは、高級志向の購買層を主要ターゲットとした、斬新かつ説得力のあるクロスオーバー車」とのこと。

2009年の第二四半期に生産が開始され、その後まもなく発売となる見通しだ。

(webCG 関)

新型「キャデラックSRX」
新型「キャデラックSRX」

キャデラックのSUV「SRX」がモデルチェンジ【デトロイトショー09】の画像
新開発の3リッターV6ユニットは、260psを発生。
新開発の3リッターV6ユニットは、260psを発生。
ホイールサイズは標準で18インチ。20インチも選べるようになる。
ホイールサイズは標準で18インチ。20インチも選べるようになる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • 8段AT搭載の「キャデラック・エスカレード」発売 2017.6.13 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが、一部改良を受けた「キャデラック・エスカレード」の日本導入を発表。既存の6段ATに替えて新たに8段ATが搭載されたほか、走破性能やけん引性能を高めるローレンジが追加されている。
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
  • 「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場 2017.6.19 自動車ニュース 英ジャガーがスポーツワゴンの新型「XFスポーツブレイク」をロンドンで初公開した。同社のEセグメントモデル「XF」のワゴンバージョンで、最大で1700リッターの荷室容量を実現。駆動方式には、FRに加えて4WDも用意されている。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
ホームへ戻る