【スペック】320dブルーパフォーマンス ツーリング スポーツ:全長×全幅×全高=4625×1800×1460mm/ホイールベース=2810mm/車重=1620kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/4000rpm、38.7kgm/1750-2750rpm)/燃費=19.4km/リッター(JC08モード)/価格=511万円(テスト車=619万1000円)

BMW 320dブルーパフォーマンス ツーリング スポーツ/320i xDrive ラグジュアリー【試乗記】

遅れてきた主役 2012.11.26 試乗記 BMW 320dブルーパフォーマンス ツーリング スポーツ(FR/8AT)/320i xDrive ラグジュアリー(4WD/8AT)
……619万1000円/598万8000円

かつてないほど大規模なファミリーになりつつある「BMW 3シリーズ」。セダンにワゴン、ガソリンにディーゼルにハイブリッド、さらにはFRに4WD――さて、ベストバイはどれなのだろうか。

ラインナップに死角なし

BMWはできる限りICE(内燃機関)を貫こうとする自動車メーカーだと思っていた。社名に発動機と付く会社だし、これまでつくってきたエンジンはどれもスイートだったから、同じように考えた人は少なくないはずだ。
それでも、いよいよICEだけで時代を乗り切るのはキツいとなった際、HV(ハイブリッド車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、EV(電気自動車)、FCEV(燃料電池車)へ向かうのではなく(もちろん研究はしていただろうが)、FCEV同様に水素は用いても、発電のためではなくICEの燃料として使う姿を見て、多くのクルマ好きがバイエルン発動機を応援したはずだ。

ところが、別にこっそり増やしたわけではないだろうが、BMWはいつの間にかICEあり、HVあり、EVも量産しようと思えばできますよという多種多様なソリューションをもつメーカーになっていた。そりゃBMWはエンジンを組み上げる職人集団ではなく、利潤を追求する企業だから、よそに負けぬよう効率よく(自動車の)効率を上げるのは当然だ。BMW=エンジンというイメージが薄れる積極展開に一抹の寂しさはあるが、同時にこの会社がつくる次世代車はどうなんだ? と興味もわいてくる。
そう思って先日「アクティブハイブリッド3」に乗ったらあなた、読んでいただければわかるように、組み合わせられるエンジンの魅力すら増幅させるパーフェクトな出来栄えだった(アクティブハイブリッド3の試乗記はこちら)。

さらに、BMWはエミッションが世界有数に厳しい日本市場にもディーゼル車のラインナップを増やす努力を続けている。「3シリーズ」にもディーゼルが追加された。日本で同一車種にガソリン、ディーゼル、HVの3種の動力源を用意するのは(日本車を含めても)「3シリーズ」と「5シリーズ」だけ。すべての組み合わせが選べるわけではないものの、3シリーズは、ガソリンありディーゼルありHVあり、MTありATあり、それぞれに5つのトリムあり、そしてワゴンありと、どっからでもかかってこい! と言わんばかりだ。
来年にはクーペも出る。カブリオレも出るだろう。当然、Mも出る。Mのパワートレインはどう変わるのか? 驚かせてほしい。

レッドステッチ入りのレザーステアリングホイールは「スポーツ」仕様の証し。試乗車にはさらにオプションのバリアブル・スポーツステアリングが装着されていた。
レッドステッチ入りのレザーステアリングホイールは「スポーツ」仕様の証し。試乗車にはさらにオプションのバリアブル・スポーツステアリングが装着されていた。
ノーマルシートは表皮がクロスとなるが、オプションでこのようにステアリングと歩調を合わせて赤いハイライトが入るレザーを選ぶこともできる。
ノーマルシートは表皮がクロスとなるが、オプションでこのようにステアリングと歩調を合わせて赤いハイライトが入るレザーを選ぶこともできる。
赤いハイライトは後席にも施される。ダコタレザーシートは28万4000円のオプション。
赤いハイライトは後席にも施される。ダコタレザーシートは28万4000円のオプション。
荷室容量は先代「3シリーズツーリング」より35リッター大きい495リッター。40:20:40分割の後席を畳めば、最大で1500リッターまで拡大することができる。(写真をクリックするとシートが倒れる様子が見られます)
荷室容量は先代「3シリーズツーリング」より35リッター大きい495リッター。40:20:40分割の後席を畳めば、最大で1500リッターまで拡大することができる。(写真をクリックするとシートが倒れる様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
ホームへ戻る