【スペック】1960年式RS21型:全長×全幅×全高=4365×1695×1540mm/ホイールベース=2530mm/車重=1250kg/駆動方式=FR/1.5リッター直4OHV8バルブ(62ps/4500rpm、11.2kgm/3000rpm)

トヨペット・クラウン デラックス(FR/3MT)【試乗記】

伝説の始まり 2009.01.05 試乗記 トヨペット・クラウン デラックス(FR/3MT)

トヨタ自動車が1955年に送り出した初代クラウン(の後期)に試乗した。およそ50年前に造られた元祖国産高級車は、ここから何かが始まる、そんな希望に満ちたクルマだった。

国産車初のオーバードライブ

う〜ん、やっぱり博物館を訪ねると、時計の針が一気に戻る。それにしても何年ぶりだろう、観音開きのクラウンを運転するなんて。学生時代に友達が持っていて、その後クルマ雑誌の記者になってからも取材で何回かステアリングを握ったけれど、そうだなあ、あれから30年にはなるだろうか。

ちょっと惜しいのは、「今度の試乗は初代クラウンです」と言われてたのに、初代は初代でも、その後半に属する1958年以降のモデルだったこと。X形フレームとかOHVエンジンとか、そしてもちろん観音開きのドアとかは同じで、ひっくるめて初代には違いないんだが、見た目の姿はかなり別物。全体に丸っこかった本当の初代(1955年デビュー)にあれこれ手を加えて、ヘッドライトには庇が付いたり、後ろもテールフィンみたいに尖らせてある。このビッグマイナーチェンジで1500ccエンジンが48psから58ps(後期ではさらに62psになる)にパワーアップされたほか、3段コラムシフトMTに電気式のオーバードライブが追加された(トランクリッドには、嬉しそうに「Overdrive」というメッキのバッジが付いている)。

1960年には1900cc仕様が加わるんだが、なぜ最初が1500だったかというと、あのころ5ナンバーの枠がそうだったから。いやあ、時代を感じさせます。

当時のクラウンは前後共にベンチシートで、6人乗りの設計だった。
当時のクラウンは前後共にベンチシートで、6人乗りの設計だった。
ガソリンの給油口は、テールライトの内側に、その存在を隠すかのように配置されていた。
ガソリンの給油口は、テールライトの内側に、その存在を隠すかのように配置されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン ロイヤルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る