【スペック】全長×全幅×全高=4115×1786×1522mm/ホイールベース=2596mm/車重=1305kg(DIN)/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5500rpm、24.5kgm<オーバーブースト時 26.5kgm>/1600-5000rpm)(欧州仕様車)

MINIクーパーS ペースマン(FF/6MT)【海外試乗記】

MINIファミリーの拡大解釈 2012.11.29 試乗記 MINIクーパーS ペースマン(FF/6MT)

MINIファミリー7番目の「ペースマン」は、「クロスオーバー」のビッグシャシーに2ドアボディーを与えたモデルだ。その走りや、いかに? 地中海に浮かぶスペイン・マヨルカ島からの第一報。

「クロスオーバー」の2ドアクーペ的存在

MINIにとって7番目のモデルになるというクルマ、「Paceman」=「ペースマン」が登場した。それにしても、MINIの現行モデルに7種類もバリエーションがあるのだろうか。ということで、5ナンバーサイズのオリジナルシャシーを持つクルマから順に数えてみると、「ハッチバック」「コンバーチブル」「クラブマン」「クーペ」「ロードスター」の5種類、それに3ナンバーサイズのいわばビッグシャシーのモデルをあげると、ヨーロッパ名「カントリーマン」、日本名「クロスオーバー」があるからこれが6番目になる。となるとペースマン、たしかに7番目のMINIである。

このペースマン、その成り立ちを簡潔に表現すれば、クロスオーバー系のビッグシャシーに2ドアクーペ風スタイルのハッチバックボディーを与えたクルマ、ということになる。
メーカーはペースマンを、プレミアムスモールカーおよびプレミアムコンパクトカーのセグメントにおける初のスポーツアクティビティークーペであり、都会のジャングルを切り開くパイオニアである、と表現している。

したがって、ホイールベースは2596mmと事実上クロスオーバーの2595mmと同じだし、前後トレッドもほぼクロスオーバーと変わらず、フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクというサスペンションの形式も、クロスオーバーと共通する。
一方、その上に架装されるボディーは「クーパーS ペースマン」の場合で全長×全幅×全高=4115×1786×1522mmと、クロスオーバーと比べると全長が若干長く、全幅は事実上同じで、ルーフラインのルックスからも想像できるように、全高は39mm低くなっている。しかもそのルーフライン、後ろにいくほど低くなるデザインが施されているのが特徴的である。

2ドアクロスオーバーというユニークな成り立ちの「MINIペースマン」。量産型は2012年9月のパリモーターショーで発表された。
2ドアクロスオーバーというユニークな成り立ちの「MINIペースマン」。量産型は2012年9月のパリモーターショーで発表された。
ドアトリムなどを除けば、インパネのデザインは「クロスオーバー」とうり二つ。ヒップポイントは高め。
ドアトリムなどを除けば、インパネのデザインは「クロスオーバー」とうり二つ。ヒップポイントは高め。
フロントシートはスポーツタイプが標準装着となる。(欧州仕様の場合)
フロントシートはスポーツタイプが標準装着となる。(欧州仕様の場合)
関連記事
  • MINIクーパー ペースマン ALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2014.5.20 試乗記 「MINI ペースマン」に4WDの新グレードが登場。“ちょっと非力”だからこそ味わえるMINIならではの走りとともに、あらためてペースマンの魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る