「アウディQ5」新エンジンで燃費向上

2012.11.21 自動車ニュース

「アウディQ5」がマイナーチェンジ、新エンジンで燃費性能と出力を向上

アウディ ジャパンは2012年11月21日、ミドルサイズSUVの「アウディQ5」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

今回の改良ではエンジンのラインナップを刷新。用意される2種類のうち、2リッター直噴ターボは224ps/4500-6250rpm、35.7kgm/1500-4500rpmと、従来から最高出力を13ps向上。同時に燃費性能も12.5km/リッター(JC08モード)に高められた。

一方、上位グレードに搭載されるV6エンジンは、従来の3.2リッター直噴自然吸気から3リッター直噴スーパーチャージャーに変更。最高出力を2psアップの272ps/4780-6500rpm、最大トルクを7.1kgm(70Nm)アップの40.9kgm/2150-4780rpmへと強化させながらも、燃費は11.1km/リッター(JC08モード)へと、約15%の改善をみた。

エクステリアデザインも手が加えられており、フロントのシングルフレームグリルは上部コーナーの角を落とした六角形の形状に変更。ヘッドランプも、HIDユニットの周囲をLEDポジショニングランプが囲うデザインに改められた。さらにフロントバンパー、エアインレット、フロントフォグランプなども一新されている。

インテリアについても、ステアリングホイールを3スポークの新デザインに変更。コントロールスイッチ類にはクロムリングがあしらわれ、センターコンソールのパネルはピアノブラック仕上げとなった。

グレードは、「Q5 2.0TFSIクワトロ」(579万円)と「Q5 3.0TFSIクワトロ」(673万円)の2種類。それぞれにプラス25万円で、スポーティーな装いの「Sラインパッケージ」が用意される。

(webCG)

「アウディQ5 2.0TFSIクワトロ」
「アウディQ5 2.0TFSIクワトロ」
「Q5 3.0TFSIクワトロ」に標準設定、「Q5 2.0TFSIクワトロ」にオプション設定のレザーパッケージでは、3色のレザーシートと3種類のウッドのデコラティブパネルを用意。
「Q5 3.0TFSIクワトロ」に標準設定、「Q5 2.0TFSIクワトロ」にオプション設定のレザーパッケージでは、3色のレザーシートと3種類のウッドのデコラティブパネルを用意。
エンジンは、より高出力、低燃費な2リッター直噴ターボと、3リッター直噴スーパーチャージャーに刷新。とくに3リッターエンジンは、従来の3.2リッター自然吸気から7.2kgmも最大トルクを向上させている。
エンジンは、より高出力、低燃費な2リッター直噴ターボと、3リッター直噴スーパーチャージャーに刷新。とくに3リッターエンジンは、従来の3.2リッター自然吸気から7.2kgmも最大トルクを向上させている。
「Sラインパッケージ」には、専用のボディーパーツやスポーツサスペンション、19インチアルミホイール、スポーツシートなどを用意。
「Sラインパッケージ」には、専用のボディーパーツやスポーツサスペンション、19インチアルミホイール、スポーツシートなどを用意。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る