「アウディQ5」新エンジンで燃費向上

2012.11.21 自動車ニュース

「アウディQ5」がマイナーチェンジ、新エンジンで燃費性能と出力を向上

アウディ ジャパンは2012年11月21日、ミドルサイズSUVの「アウディQ5」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

今回の改良ではエンジンのラインナップを刷新。用意される2種類のうち、2リッター直噴ターボは224ps/4500-6250rpm、35.7kgm/1500-4500rpmと、従来から最高出力を13ps向上。同時に燃費性能も12.5km/リッター(JC08モード)に高められた。

一方、上位グレードに搭載されるV6エンジンは、従来の3.2リッター直噴自然吸気から3リッター直噴スーパーチャージャーに変更。最高出力を2psアップの272ps/4780-6500rpm、最大トルクを7.1kgm(70Nm)アップの40.9kgm/2150-4780rpmへと強化させながらも、燃費は11.1km/リッター(JC08モード)へと、約15%の改善をみた。

エクステリアデザインも手が加えられており、フロントのシングルフレームグリルは上部コーナーの角を落とした六角形の形状に変更。ヘッドランプも、HIDユニットの周囲をLEDポジショニングランプが囲うデザインに改められた。さらにフロントバンパー、エアインレット、フロントフォグランプなども一新されている。

インテリアについても、ステアリングホイールを3スポークの新デザインに変更。コントロールスイッチ類にはクロムリングがあしらわれ、センターコンソールのパネルはピアノブラック仕上げとなった。

グレードは、「Q5 2.0TFSIクワトロ」(579万円)と「Q5 3.0TFSIクワトロ」(673万円)の2種類。それぞれにプラス25万円で、スポーティーな装いの「Sラインパッケージ」が用意される。

(webCG)

「アウディQ5 2.0TFSIクワトロ」
「アウディQ5 2.0TFSIクワトロ」
「Q5 3.0TFSIクワトロ」に標準設定、「Q5 2.0TFSIクワトロ」にオプション設定のレザーパッケージでは、3色のレザーシートと3種類のウッドのデコラティブパネルを用意。
「Q5 3.0TFSIクワトロ」に標準設定、「Q5 2.0TFSIクワトロ」にオプション設定のレザーパッケージでは、3色のレザーシートと3種類のウッドのデコラティブパネルを用意。
エンジンは、より高出力、低燃費な2リッター直噴ターボと、3リッター直噴スーパーチャージャーに刷新。とくに3リッターエンジンは、従来の3.2リッター自然吸気から7.2kgmも最大トルクを向上させている。
エンジンは、より高出力、低燃費な2リッター直噴ターボと、3リッター直噴スーパーチャージャーに刷新。とくに3リッターエンジンは、従来の3.2リッター自然吸気から7.2kgmも最大トルクを向上させている。
「Sラインパッケージ」には、専用のボディーパーツやスポーツサスペンション、19インチアルミホイール、スポーツシートなどを用意。
「Sラインパッケージ」には、専用のボディーパーツやスポーツサスペンション、19インチアルミホイール、スポーツシートなどを用意。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る