「ルノー・メガーヌ」シリーズにエステート登場

2012.11.22 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ」にワゴンモデルの「エステート」が登場

ルノー・ジャポンは2012年11月22日、マイナーチェンジを受けた新型「メガーヌ」を公開。新たにワゴンの「メガーヌ エステート」をラインナップに加え、同年12月6日に発売すると発表した。

今回追加された「メガーヌ エステート」は、5ドアハッチバックと比べて24cm長いボディーと、6cm長いホイールベースを持つワゴンモデルだ。日本に導入された現行メガーヌのワゴンとしては、2012年7月に特別仕様車の「メガーヌ エステートGT」が限定販売されたが、カタログモデルとしてのラインナップはこれが初となる。

エクステリアは、リアへ行くにつれて上がっていくベルトラインとショルダーライン、大きな傾斜を持つリアウィンドウなどでスポーティーさを強調。個性的なブーメラン形状のテールランプも特徴のひとつだ。また、荷室はリアシートを起こした状態で486リッター、たたんだ状態で1600リッターの容量を確保。地上からテールゲートまでの高さは561mmと低く、楽に荷物を積み下ろしすることができる。

一方、従来からの5ドアハッチバックも改良が加えられており、LEDポジションランプやボディー同色のサイドプロテクションモール、「メガーヌ ルノースポール」と共通のレザーステアリングなどを新たに装備。ダッシュボードフィニッシャーやステアリングホイールには、赤のラインやステッチが採用された。

このほかにも、車内の静粛性を高めるためにドアとテールゲートの気密性を向上。ボディーパネル内部に遮音材が装着されたほか、バルクヘッドにも1ピース構造の遮音板が、ダッシュボード表面にもノイズ抑制の効果がある柔らかな素材が用いられた。

パワートレインやシャシーなどはマイナーチェンジ前と共通。エンジンは140ps/6000rpm、19.9kgm/3750rpmの2リッター直4DOHCで、トランスミッションには6段マニュアルモード付きCVTが組み合わされる。

グレードは5ドアハッチバック、エステートともに、スポーティーな走りと内外装デザインが特徴の「GTライン」のみ。これまでハッチバックに設定のあった「プレミアムライン」は廃止となった。なお、ボディーカラーは新色の「マロン グラッセM」を含む全6色が用意される。

価格は「メガーヌ ハッチバックGTライン」が268万円、「メガーヌ エステートGTライン」が278万円。

(webCG)

→「ルノー・メガーヌ」シリーズのさらに詳しい写真はこちら

「ルノー・メガーヌ エステートGTライン」
「ルノー・メガーヌ エステートGTライン」
ハッチバックより全長を24cm拡大したボディー。リアに向かうほどガラスエリアを絞り込み、ショルダーラインを傾斜させることで、クーペに通じるスポーティーさを追求している。
ハッチバックより全長を24cm拡大したボディー。リアに向かうほどガラスエリアを絞り込み、ショルダーラインを傾斜させることで、クーペに通じるスポーティーさを追求している。
インテリアでは、カーボン調のインパネに赤いラインをプラス。ステアリングにもレッドステッチがあしらわれている。
インテリアでは、カーボン調のインパネに赤いラインをプラス。ステアリングにもレッドステッチがあしらわれている。
こちらは「マロン グラッセM」の外装色をまとう「メガーヌ ハッチバックGTライン」。「GTライン」とは、ルノーのモータースポーツ事業を担うルノー・スポールが手を加えたスポーティーグレードだ。
こちらは「マロン グラッセM」の外装色をまとう「メガーヌ ハッチバックGTライン」。「GTライン」とは、ルノーのモータースポーツ事業を担うルノー・スポールが手を加えたスポーティーグレードだ。
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る