『webCG』スタッフの「2008年○と×」

2008.12.26 From Our Staff
『webCG』スタッフの「2008年○と×」

『webCG』スタッフの「2008年○と×」

『webCG』読者のみなさま、今年もご愛顧を賜りありがとうございました。来年も変わらぬご支持のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

『webCG』スタッフの「2008年○と×」

■近藤俊(ディレクター)
 i MiEV、A5、MINIクラブマン、XF、135iクーペ、A4、120iカブリオレ、ウィングレット、エリーゼSC、S402……に乗って、グッときたー。欲しぃー。
× なんて思っていたら、アレヨアレヨとこの状態に。世界中で急ブレーキ。しかもフルブレーキ。F1もWRCも撤退。次期型NSXも開発中止。
○? 史上初の量産車「T型フォード」が世に出て100年。大転換期の気配はあれど、さらに魅力あふれるクルマ出現のキッカケとなるなら、クルマ好きには悪くない? ここは前向きに……。

『webCG』スタッフの「2008年○と×」

■渡辺忍(編集記者)
× なにも見れずに終わったインディジャパン観戦。天候の関係で楽しみにしていたブルーインパルスのセレモニーは中止。さらに前日降った雨の影響で、コース上に水が溢れ、初めてのレース観戦はお流れに……。4月なのにとても寒い一日だったという思い出のみが残りました。来年は9月開催。今度は台風、大丈夫か!?
 視力回復。

『webCG』スタッフの「2008年○と×」

■関顕也(編集記者)
 海外の試乗会に参加できたこと。ひさびさの海外ツアーは、初めての海外ドライブ。舞台はアメリカ中西部。デッカい大地を走って、人間的にも成長できた(と思いたい)。
× 英語。まったく通じず。大shock!

『webCG』スタッフの「2008年○と×」

■本諏訪裕幸(編集記者)
 体力増強のため、ランニングをスタート。雑誌やランニング教室などで勉強するうち、走り方が変わった。ちょっとの工夫で大きく変化する、プリミティブすぎる行為に感動。バイクに続き、マイレージを重ねる手段が増えた(?)こともうれしい。
× 今年はぎっくり腰もなく……と安心していたら、夏に自転車で大転倒、両手首を負傷した。このおかげで、4ヶ月間ぐらいあらゆる行動が制限された。もう自転車は乗らん!
というか、年々健康に関することばかり書いて、自分に年齢を感じるようになったことが×。

『webCG』スタッフの「2008年○と×」

■曽宮岳大(編集記者)
 『webCG』スタッフになって1年。環境の変化が多くのことを教えてくれるっていうのはホントだと思った。ここにきて大のフレンチ好きになったし、カレーにもちょっとうるさくなった。粒揃い飲食店が集まる神保町は、心から素敵な町だと思う。
× そんな高カロリーなこの町が、ボクの体重を増やし続ける。しかも眠くなる時間が早くなってきた。おまけにアイデアが思い浮かぶまでに、時間がかかるようになってきた……。全体に体がもっさりしてきたのに、時間だけがどんどん進んでいく〜。

『webCG』スタッフの「2008年○と×」

■依田英毅(編集アシスタント)
 今年2月に手に入れて以来、今もなお続く「ホンダ・ビート」との蜜月。街を走っても、山に行っても、まったり流しても、飛ばしても、とにかく楽しくてしょうがありません。遅いとか、積めないとか、エンジンがうるさいとか、いろいろと不自由はあるものの、それが許せる自分がおおらかになったようで○。一年振り返ると、ビートが福を呼んでいたような気もして◎。
× ○なことに負けず劣らず×も多かった。今年はこれまでで一番、自分について考えさせられる、反省の年でした。でも、悩めることはいいことだ。問題に気づけるだけラッキー、くらいのポジティブシンキングで、来年はさらに修行をつむ所存です。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。