トヨタ/ダイハツ、7人乗りのコンパクトミニバンを同時に発売

2008.12.25 自動車ニュース
「ダイハツ・ブーン ルミナス」
トヨタ/ダイハツ、7人乗りのコンパクトミニバンを同時に発売

トヨタ/ダイハツ、7人乗りのコンパクトミニバンを同時に発売

トヨタ自動車とダイハツ工業は2008年12月25日、7人乗り3列シートの「トヨタ・パッソ セッテ」「ダイハツ・ブーン ルミナス」を発表した。

■小さなボディに7人乗り

コンパクトカー造りに長けたダイハツが開発・生産を担当する双子車が、「トヨタ・パッソ セッテ」と「ダイハツ・ブーン ルミナス」。文字どおり「パッソ/ブーン」をベースに、ホイールベースを延長して3列乗車を実現。1.5リッターエンジン搭載の新型車である。アクティブな子育て女性をターゲットとする。

小さなボディに3列シートを積みこんだパッケージングは、以前の「カローラ・スパシオ」に似たもの。同じくカローラ店で扱う「シエンタ」とは、横開きのドアで差別化される。目下のライバルは「ホンダ・フリード」だ。

トヨタは、女性に人気の「パッソ」の名を冠することで、女性向けモデルとして育てていく考え。一方ダイハツは、アジアを中心とするグローバルカーに育てる予定だという。

それぞれFFと4WDが用意され、価格は「パッソ セッテ」が149.0万円から203.3万円、「ブーン ルミナス」が153.5万円から207.3万円。なお、2車の外観上の違いはバッジのみとなる。
販売計画は両車あわせて、月に3500台。

フロントシートはグレードにより、セパレートタイプとベンチシートタイプが用意される。
フロントシートはグレードにより、セパレートタイプとベンチシートタイプが用意される。
トヨタ/ダイハツ、7人乗りのコンパクトミニバンを同時に発売の画像

■ラクラクのシートアレンジ

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4180×1695×1620mm。コンパクトな5ナンバーサイズ。2750mmの長いホイールベースから生み出される広い室内は、2:3:2の3列シートレイアウトを持つ。2列目シートは20度の可動幅を持つリクライニング機構を備え、さらに150mmのロングスライドが可能。2列目および3列目はシングルフォールディングで荷室を拡大することができ、最大荷室長は1810mmとなる。

フロントウィンドウの赤外線&UVカットガラスやトップシェイドガラス、花粉除去機能付きのオートエアコンなど女性にうれしい快適装備も多く、さらにユーティリティも充実。助手席アッパーボックスをはじめとする収納スペースも豊富に配置された。

「パッソ セッテ」「ブーン ルミナス」ともにボディカラーは全9色、インテリアカラーはグレードによって3色が用意される。

■基本構造は「パッソ/ブーン」と同じ

プラットフォームは「パッソ/ブーン」と共通のものだ。ホイールベースの延長や重量増などによる各種チューニングは行われるものの、基本構造は同じ。すなわちサスペンション形式は、前マクファーソンストラット/後トーションビーム(4WDはトレーリングリンク)となる。

エンジンは「トヨタ・ラッシュ」「ダイハツ・ビーゴ」などにも採用される、可変バルブタイミング機構を備えた「3SZ-VE型」1.5リッター直4ユニット。最高出力109ps/6000rpmと最大トルク14.4kgm/4400rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは4段のオートマチックのみ。

安全装備として、3列目までにカバーするSRSカーテンシールドエアバッグ、アンチスピンデバイスのVSCも用意される(一部車種にオプション)。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
パッソセッテブーンルミナストヨタダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
ホームへ戻る