【スペック】全長×全幅×全高=4435×1905×1250mm/ホイールベース=2650mm/車重=1630kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(420ps/7800rpm、43.8kgm/4500-6000rpm)/価格=1700.0万円

アウディR8(4WD/6AT)【動画試乗記(前編)】

技術のシナジー(前編) 2008.12.25 試乗記 アウディR8(4WD/6AT)
……1700.0万円

ミドシップ、ドライサンプ式オイル循環、2ペダルMT、4WD、アルミボディ……。スポーツカーの魅力を高めるさまざまな技術を凝縮した「アウディR8」。その箱根でのテストの模様を動画でお届けする。

封印が解かれた

アウディは、アルミスペースフレームやクワトロシステム、軽量・高出力エンジンなど、優れた技術を持つことで知られるブランドだ。なのについ数年前まで、そのラインナップはセダンとワゴンが中心。真のスポーツカーはラインナップされていなかった。優れた技術をもてあましていた……とまでは言わないまでも、スポーツカーにこそマッチする技術の数々が、互いに相乗することなく孤立していた感があった。

そんなアウディへの「もっといけそうな期待」が、現実のものとして開花したスポーツカーが「R8」だ。ミドシップ、ドライサンプ式オイル循環、2ペダルMT、4WD、アルミボディ……。先進技術の数々をひとつのプラットフォームのうえに結集したこのモデルは、長い歴史を持つスーパーカーブランドの競合車に勝るとも劣らない実力を身につけている。

今回はそんなスーパーなアウディの箱根での動画試乗記を、前編と後編の2本立てでお届けする。

【Movie】下の画面をクリックすると再生が始まります。

(リポーター:五味康隆)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る