ボルボ「V70」&「XC70」、お正月から装備変更

2008.12.25 自動車ニュース

ボルボ「V70」&「XC70」、お正月から装備変更

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ワゴン「V70」とそのクロスカントリーモデル「XC70」の装備を見直し、2009年1月1日に発売する。

全車、「本革シート」と「アクティブ・キャビン・フィルター」を標準化。 V70シリーズには「サヴィルグレーパール」と「ケイパーグリーンパール」の2色が、XC70には「ケイパーグリーンパール」が新たなボディカラーとして選べるようになる。

モデル別にも、若干の仕様変更が実施される。
2.5リッターターボの「V70 2.5T LE」は、16インチアルミホイールのデザインを改めたうえで、フォグランプや17インチアルミホイール、クルーズコントロール、アクティブバイキセノンヘッドライトがセットになった「デラックスパッケージ」を20.0万円で設定。

3.2リッター直6を搭載する「V70 3.2 SE」は、17インチアルミホイール「Canicula」を新採用。ベンチレーション機能付きレザーシート、プレミアムサウンドシステム、盗難防止警報システムなど需要の多いオプションをまとめた「ベーシックパーッケージ」が35.0万円で用意される。

最もハイパフォーマンスな3リッターターボモデル「V70 T6 TE」には、チルトアップ機構付きの電動ガラスサンルーフが標準で備わる。

価格は、以下のとおり。(カッコ内は2008年までとの価格差)

・V70 2.5T LE  :499.0万円(+1.0万円)
・V70 3.2SE   :585.0万円(+10.0万円)
・V70 3.2SE AWD :610.0万円(+10.0万円)
・V70 T6 TE AWD :795.0万円(+25.0万円)

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • 【オートモビル カウンシル2017】ボルボ、90周年を祝うワゴンの限定車を発売 2017.8.4 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月4日、自動車イベント「オートモビル カウンシル2017」(会期:2017年8月4~6日)の会場で、限定車「V90 90th Anniversary Edition」を発表した。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
ホームへ戻る