ボルボ「V70」&「XC70」、お正月から装備変更

2008.12.25 自動車ニュース

ボルボ「V70」&「XC70」、お正月から装備変更

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ワゴン「V70」とそのクロスカントリーモデル「XC70」の装備を見直し、2009年1月1日に発売する。

全車、「本革シート」と「アクティブ・キャビン・フィルター」を標準化。 V70シリーズには「サヴィルグレーパール」と「ケイパーグリーンパール」の2色が、XC70には「ケイパーグリーンパール」が新たなボディカラーとして選べるようになる。

モデル別にも、若干の仕様変更が実施される。
2.5リッターターボの「V70 2.5T LE」は、16インチアルミホイールのデザインを改めたうえで、フォグランプや17インチアルミホイール、クルーズコントロール、アクティブバイキセノンヘッドライトがセットになった「デラックスパッケージ」を20.0万円で設定。

3.2リッター直6を搭載する「V70 3.2 SE」は、17インチアルミホイール「Canicula」を新採用。ベンチレーション機能付きレザーシート、プレミアムサウンドシステム、盗難防止警報システムなど需要の多いオプションをまとめた「ベーシックパーッケージ」が35.0万円で用意される。

最もハイパフォーマンスな3リッターターボモデル「V70 T6 TE」には、チルトアップ機構付きの電動ガラスサンルーフが標準で備わる。

価格は、以下のとおり。(カッコ内は2008年までとの価格差)

・V70 2.5T LE  :499.0万円(+1.0万円)
・V70 3.2SE   :585.0万円(+10.0万円)
・V70 3.2SE AWD :610.0万円(+10.0万円)
・V70 T6 TE AWD :795.0万円(+25.0万円)

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
  • 「ボルボXC60」に装備充実の「クラシック」登場 2016.8.23 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年8月23日、クロスオーバーSUV「XC60」のラインナップに「XC60 D4 クラシック」「XC60 T5 AWD クラシック」を追加設定し、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る