【スペック】X:全長×全幅×全高=3395×1475×1510mm/ホイールベース=2400mm/車重=800kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)/価格=122万2200円(テスト車=126万4200円/ホワイトツートーンルーフ=4万2000円)

スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)/T TLパッケージ(FF/CVT)【試乗速報】

カワイイに全力 2008.12.25 試乗記 スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)/T TLパッケージ(FF/CVT)
……126万4200円/142万5900円

うさぎをモチーフにしたエンブレムでおなじみの「アルトラパン」が2代目へとフルモデルチェンジ。さらにキャラ濃く個性を強めたニューモデルに試乗した。

ラパンを探せ!

新型「スズキ・アルトラパン」を最初に写真で見たとき、マイナーチェンジかと思った。あまりにも先代と似ていたからだ。でも実車と対面すると、なんとなく違う。キャビンが長くなって、おとなのウサギに成長したような感じだ。

プラットフォームの一新でホイールベースが40mm伸びたことを活かし、先代では不満のひとつだったリアシートの狭さを解消したという。それなら後半部だけ新設計にすればコストを節約できた気もするが、新設計プラットフォームと従来のパネルを接合するほうが面倒なので、オールニューにしたそうだ。

でもモデルチェンジの目的はもうひとつあるのではないか? と実車を見ながら思った。とにかくウサギだらけなのだ。フロントグリル中央は当然ながら、前後のランプの中や、リアのレタリングの下のバーにも隠れている。気がつくと「ラパンを探せ!」モードに入っていた。

さらに色へのこだわりも忘れていない。10色あるボディカラーは2色が新しく、インテリアカラーは3色も用意される。ホワイトルーフのツートーンボディももちろん健在。これを選ぶとホイールも白になる。でもここまでやるなら、グリルもホワイトにすると、さらにカワイさがアップするんじゃないだろうか。あと、ツートーンのボディカラーに淡色系しか選べないのももったいない気がする。濃色系ボディでも選べると、男子としてはうれしいかもしれない。

フロントランプの中にうさぎが。ほかに、テールランプ、リアエンブレム、ステアリングホイールなどにもうさぎが隠れている。
フロントランプの中にうさぎが。ほかに、テールランプ、リアエンブレム、ステアリングホイールなどにもうさぎが隠れている。
リアエンブレム「Lapin」の下のバーにも。
リアエンブレム「Lapin」の下のバーにも。
ホワイトルーフのツートーンボディは、「X」グレードのみに設定。ボディカラーは淡い4色に限定される。
ホワイトルーフのツートーンボディは、「X」グレードのみに設定。ボディカラーは淡い4色に限定される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラパンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
ホームへ戻る