「トヨタ・エスティマ」、表情変わって機能もプラス

2008.12.24 自動車ニュース

「トヨタ・エスティマ」、表情変わって機能もプラス

「トヨタ・エスティマ」、表情変わって機能もプラス

トヨタ自動車は、ミニバンの「エスティマ」シリーズをマイナーチェンジ。2008年12月24日に発売した。

写真はいずれも、「トヨタ・エスティマG」。
「トヨタ・エスティマ」、表情変わって機能もプラス

発売からほぼ3年を迎え、「エスティマ」シリーズの意匠が変更された。バンパーやランプ類など、フロントおよびリアまわりを化粧直し。アルミホイールのデザインもあらためた。

インテリアは、グレージュ内装の設定を拡大。エスティマの「アエラス」とエスティマハイブリッドの「G」に「レザーパッケージ」を新設定するなどした。

機能面では、「クルーズコントロール」や「後席確認ミラー」、ステアリングホイールから手を離さずにオーディオを操作できる「ステアリングスイッチ」、エコ運転を知らせる「エコドライブインジケーターランプ」が全車標準に。
一部グレードを除き、前席を効率的に暖められる「快適温熱シート」も採用。さらに、前席にはアクティブヘッドレスト標準装備とするなどし、安全性も向上させたという。

価格は、「エスティマ」が274.0万円から377.0万円。「エスティマハイブリッド」が376.0万円から506.0万円までとなっている。
なお、エスティマベースのウェルキャブ(福祉車両)についても、同様の変更が施された。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る