【スペック】ML63 AMG:全長×全幅×全高=4815×1950×1775mm/ホイールベース=2915mm/車重=2350kg/駆動方式=4WD/6.2リッターV8DOHC32バルブ(510ps/6800rpm、64.2kgm/5200rpm)/価格=1490.0万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツ ML63AMG(4WD/7AT)【試乗記】

もう、やさしい顔はできないかも 2008.12.22 試乗記 メルセデス・ベンツ ML63AMG(4WD/7AT)
……1490.0万円

2008年10月、「メルセデス・ベンツML」にマイナーチェンジが施された。試乗したのは、シリーズきってのコワモテ、「ML63AMG」だ。

威圧感を求められる宿命

メルセデスのSUVレンジを代表する「Mクラス」がビッグ・マイナーチェンジを受けた。いや、マイナーチェンジとはいっても、最近のシュトゥットガルト流に迫力を倍増した顔つきなど、雰囲気としてはフルチェンジに近い。「やっぱベンツって、押し出しでしょ」という感じ満々だ。

エンジンをはじめ主なメカニズムはこれまで通りだが、全車パドルシフト付きの4本スポークステアリングになったり、安全への対策を全方位網羅したプロセーフ機構を採用したりと、さすが高級SUVの王道を行くだけのことはある。

プロセーフ・メニューの中には、ユニークな「プレ・セーフ」も含まれている。あまりにも急激なブレーキングなど、もはや衝突を避けられないかもしれないとなった瞬間、もし助手席パセンジャーが背もたれを寝かせてくつろいでいても、限られた時間でできるだけシートを起こし、ベルトを効果的に働かせたりする。目立ちにくい装置だが、被害を軽減するためには、どんな細かいことも軽視しない決意の表れだろう。

そんな新型Mクラスの旗艦といえば、もちろん自慢のAMGモデル「ML63AMG」だ。標準のV6(3.5リッター)やV8(5.5リッター)の代わりに、もはやスーパーメルセデスの定番となった6.2リッターV8、それも堂々の510psを搭載する。さりげなさそうに外面にちりばめられたクロームのアクセントや21インチの大径ホイールにも、普通ではないオーラが漂う。この威圧感にこそ、大枚1490万円を投じさせる意味があるのだろう。

ML63AMGには、上質なナッパレザーのダッシュボード表皮やドアパネルが採用される。
ML63AMGには、上質なナッパレザーのダッシュボード表皮やドアパネルが採用される。
AMG専用のスポーツシート。メモリー付きパワーシートが標準で備わる。
AMG専用のスポーツシート。メモリー付きパワーシートが標準で備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
ホームへ戻る