クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ML63 AMG:全長×全幅×全高=4815×1950×1775mm/ホイールベース=2915mm/車重=2350kg/駆動方式=4WD/6.2リッターV8DOHC32バルブ(510ps/6800rpm、64.2kgm/5200rpm)/価格=1490.0万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツ ML63AMG(4WD/7AT)【試乗記】

もう、やさしい顔はできないかも 2008.12.22 試乗記 メルセデス・ベンツ ML63AMG(4WD/7AT)
……1490.0万円

2008年10月、「メルセデス・ベンツML」にマイナーチェンジが施された。試乗したのは、シリーズきってのコワモテ、「ML63AMG」だ。

威圧感を求められる宿命

メルセデスのSUVレンジを代表する「Mクラス」がビッグ・マイナーチェンジを受けた。いや、マイナーチェンジとはいっても、最近のシュトゥットガルト流に迫力を倍増した顔つきなど、雰囲気としてはフルチェンジに近い。「やっぱベンツって、押し出しでしょ」という感じ満々だ。

エンジンをはじめ主なメカニズムはこれまで通りだが、全車パドルシフト付きの4本スポークステアリングになったり、安全への対策を全方位網羅したプロセーフ機構を採用したりと、さすが高級SUVの王道を行くだけのことはある。

プロセーフ・メニューの中には、ユニークな「プレ・セーフ」も含まれている。あまりにも急激なブレーキングなど、もはや衝突を避けられないかもしれないとなった瞬間、もし助手席パセンジャーが背もたれを寝かせてくつろいでいても、限られた時間でできるだけシートを起こし、ベルトを効果的に働かせたりする。目立ちにくい装置だが、被害を軽減するためには、どんな細かいことも軽視しない決意の表れだろう。

そんな新型Mクラスの旗艦といえば、もちろん自慢のAMGモデル「ML63AMG」だ。標準のV6(3.5リッター)やV8(5.5リッター)の代わりに、もはやスーパーメルセデスの定番となった6.2リッターV8、それも堂々の510psを搭載する。さりげなさそうに外面にちりばめられたクロームのアクセントや21インチの大径ホイールにも、普通ではないオーラが漂う。この威圧感にこそ、大枚1490万円を投じさせる意味があるのだろう。

ML63AMGには、上質なナッパレザーのダッシュボード表皮やドアパネルが採用される。
ML63AMGには、上質なナッパレザーのダッシュボード表皮やドアパネルが採用される。 拡大
AMG専用のスポーツシート。メモリー付きパワーシートが標準で備わる。
AMG専用のスポーツシート。メモリー付きパワーシートが標準で備わる。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

SUVらしさより、メルセデスらしさ

そんなML63AMG 、乗ってみた結論は「ああ、やっぱりね」という感じだ。全体を貫く堅牢感、しっかり確実で、曖昧でもなく鋭すぎもしない操作感、地面の奥深くまで根を張ったような安定感など、どこまでもメルセデスそのものなのだ。それも当然といえば当然で、セダンだろうとワゴンだろうと、あるいはクーペでもカブリオレでも、そしてSUVでも、それぞれがそれぞれのジャンルのクルマとしての役割をまっとうしているという以前に、まずはメルセデスでなければならないという統一的な価値観がここにも充満している。それをわかりやすく感じさせるところに、メルセデスのメルセデスたる所以もある。

それにしても、いったい何なんだ、この限りないほど余裕のパワーは。やはり「排気量アップに勝るチューニングなし」とは本当で、いつでも軽く踏むだけで思い通りに行けてしまう。その都度ボンネットの奥では軽くフ〜ムという溜め息が聞こえるだけだ。7G-TRONICと称する7段ATは各ギアが非常にクロスしているから、トップギアでわずか1700rpm のところから踏み込んで自動的なシフトダウンを起こさせても、タコメーターの針が少し跳ね上がるだけで、耳でも体感でもそれを感じ取るのは難しい。

これほどトルクに余裕あるなら、以前の5速でも充分以上で、ほとんど宝の持ち腐れと言いたい。これほどのメカニズムと装備のうえに全長4.8m級とくれば軽くはなく、なんと重量2.3トン!を超える。CクラスやEクラスのAMGほどズドッとぶった切るダッシュはないが、ふと気付くと口にできないほどの速度に達していて、あわててアクセルを戻すことになる。

路面状況や積載量に応じて車高調整を行うエアマチックサスペンションを搭載する。
路面状況や積載量に応じて車高調整を行うエアマチックサスペンションを搭載する。 拡大
モータージャーナリストの熊倉重春氏。
モータージャーナリストの熊倉重春氏。 拡大

メルセデス・ベンツ ML63AMG(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

際立つステイタスシンボル

操る感覚は、なかなか正確には表現できない。あえて言うなら「ラフロードでは乗用車のごとく、オンロードではクロカンのごとく」と、少し矛盾した言い回しになる。M“L”として2.9mを超えるホイールベースだけに、荒れた未舗装路でも限りなくフラットに踏破できる一方、普通の舗装路上では、縦方向の轍などに意外に影響され、なんとなく直進を保つことを意識させられる。実際に悪影響があるほどではないにしても、21インチホイールを1インチか2インチ小さくし、そのぶんハイトのあるタイヤを履けば、この神経質さも消えるはず。ほかの超高価格SUVの経験から言えば、ここまで超偏平でなくても、ステアリングの切り始めの反応など、けっこうスパッと決まることが多いのだから。

いや、そうでもないか。そもそも誰も295/35ZR21などというタイヤで舗装のないところを走ろうとするはずもない。そんな荒野を行く記号性を背負ったまま都会を闊歩するのが狙いだろうから、ここを大きくギラッと押し出すのがポイントなのだろう。その奥に鈍く輝くドリル孔付きのブレーキディスクとか、もっと細かいがリムに浮き彫りにされたAMGのオーナメントとかが、超高級スーパーマーケットの駐車場あたりで見せたいところなのに違いない。ベースとなったノーマルのM(ML)クラスでも日本では756.0万円、その2倍もするML63AMGなら、やはりステイタスシンボルとしては有効だろう。

逆の側面から見ると、この種の豪華ビッグSUVの需要は、そろそろ一段落したようでもある。さすがにボリューム感ありすぎなのかもしれず、代わってGLKやフォルクスワーゲン・ティグアンなど、もう少し手頃なサイズのものが脚光を浴びだした。でも、だからこそ、ただのビッグを超えたAMGのバッジが、これまで以上に輝かしく見えたりするのかもしれない。

(文=熊倉重春/写真=高橋信宏)

AMGにとって、日本市場は2〜3番目に大きな市場。迫力のたたずまいは、そこで求められるユーザーニーズでもあるようだ。
AMGにとって、日本市場は2〜3番目に大きな市場。迫力のたたずまいは、そこで求められるユーザーニーズでもあるようだ。 拡大
2008年10月のマイナーチェンジで新たに21インチアルミホイールが採用された。
2008年10月のマイナーチェンジで新たに21インチアルミホイールが採用された。 拡大
クローム処理が施されたアンダーガードを装備。その両脇から「デュアルエグゾースト」が顔を出す。
クローム処理が施されたアンダーガードを装備。その両脇から「デュアルエグゾースト」が顔を出す。 拡大

関連キーワード:
Mクラスメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事