第72回:「カネはないけど目立ちたい!?」 パリショーで見た自動車メーカー必死のプロモーション活動

2008.12.20 エッセイ

第72回:「カネはないけど目立ちたい!?」パリショーで見た自動車メーカー必死のプロモーション活動

パルク・デゼクスポジシォン駅。ショー期間中、ダッジがホームを占拠!
第72回:「カネがなくても目立ちたい!?」シャンゼリゼで鶴を折る。

「スズキ・マイティボーイ」

「カネはないけど目立ちたい」
今から25年前の1983年、そんな歌がある日突然テレビから流れ始めた。「スズキ・マイティボーイ」のCMソングである。

マイティボーイは、2代目「スズキ・セルボ」のボディ後半をデッキ(荷台)に替えて2人乗りにするという、なかなかアンビシャスな自動車だった。
そうしたコンセプトに合わせてなのか、CMもいきなり“自動車=豊かさ”をあえて否定する画期的なものだったと、当時免許がなかったボクも思った記憶がある。

当時の自動車業界は、その2年前に登場した「トヨタ・ソアラ」効果もあって、ハイパワー&ゴージャス化を邁進し始めていた。「カネがない」はカッコ悪いことになり始めていたのである。
のちにその流れは、「きっと、新しいビッグカーの時代がやってくる」という大胆なキャッチコピーとともに誕生した、1988年の初代「日産シーマ」で決定的なものとなる。ボクは学校が私服だったのをいいことに、高校生の分際でDCブランドの服をとっかえひっかえ着ていたものだ。
そんなこんなで、インパクトのあるマイティボーイだったが、社会のトレンドとはなり得ずに消えていったのだ。

考えてみると、自動車にとどまらず日本の産業の奢りと衰退は、あのマイティボーイのハングリー精神を軽視したところから始まったような気がしてならない。そういうボクも、今や普段着はイタリアのリサイクルショップで漁っていたりする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。