【スペック】全長×全幅×全高=2720×1560×1540mm/ホイールベース=1865mm/車重=850kg/駆動方式=RR/1リッター直3DOHC12バルブ(71ps/5800rpm、9.4kgm/4500rpm)/価格=213.0万円(テスト車=同じ)

スマート・フォーツーカブリオmhd(RR/5AT) 【試乗速報】

さらに魅力を増した 2008.12.19 試乗記 スマート・フォーツーカブリオmhd(RR/5AT)
……213.0万円
「スマート・フォーツー」にアイドリングストップ機能を搭載した「mhd」モデルが導入された。輸入車初となるスタート/ストップ機能を試す。
「mhd」とは、マイクロ・ハイブリッド・ドライブの略。ハイブリッドときくと、エンジン+モーターをイメージするが、それとは別のもの。エンジンのスタート/ストップを自動でおこなう、アイドリングストップ機能のことをいう。
スマート・フォーツーmhd(RR/5AT) 【試乗速報】

ストップしてますか?

(財)省エネルギーセンターによれば、都市部でクルマを運転する場合、停車時間の占める割合は全体の47%にのぼり、また燃料消費の約2割がそのときのアイドリングに使われているという。もしも効果的にアイドリングストップを実践すれば、燃費は約14%改善できるそうだ。
と言われても「エンジンを再始動するとき、余分にガソリンを使うのでは?」という疑問もあるだろう。だが、2リッターのAT車ならアイドリングストップ5秒分でエンジン始動分は帳消しになるというから、それ以上停車するようなら、積極的にエンジンを止めたほうがいいことになる。

そんなアイドリングストップに、私も賛成である。でも、実際に心がけているかといえば答えはノーだ。もちろん、駐車するときはエンジンを切るけれど、ストップアンドゴーが続く都内では停車のたびにエンジンを切ることはない。
その一番の理由がバッテリーへの負担。聞くところによれば、一般の自動車用鉛バッテリーの場合、エンジンを1回始動すると、その後20kmくらい走らないとバッテリーの電力は回復しないらしい。エンジンの始動を繰り返すことでバッテリーが上がり、渋滞を引き起こしたのでは、かえってエネルギーのロスになってしまう。そう考えると、アイドリングストップに躊躇してしまうのだ。
だから、安心して(!?)アイドリングストップをするには、繰り返しのエンジン始動に耐えうるバッテリーや、耐久性の高いスターターが欲しい。さらに欲をいえば、クルマが自動的にアイドリングストップしてくれたら助かるのに……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーカブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る