マツダ「アテンザセダン」にスポーティな特別仕様車

2008.12.18 自動車ニュース

マツダ「アテンザセダン」にスポーティな特別仕様車

マツダは、「アテンザ」のセダンモデルに特別仕様車「2.0 Style edition(スタイルエディション)」を設定、2008年12月17日に発売した。

「2.0 スタイルエディション」は、「20C」をベースに、スポーティで質感の高いスタイルに仕上げたモデル。

エクステリアにLEDドアミラーウインカーや、ディスチャージヘッドランプ、17インチアルミホイール、ダークティンテッドガラスなどを装備。
インテリアは、本革巻ステアリング&シフトノブやブラックアウトメーターなどを採用し、質感を高めた。

ボディカラーは、ベースモデルでは選べない、薄紫系「ライラックシルバーメタリック」と濃紺系「ストーミーブルーマイカ」などを含む全6色を設定。

価格は、ベース車比13.0万円アップの220.0万円。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)/アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.1.16 試乗記 「マツダ・アテンザ」が「CX-5」とともに大規模なマイナーチェンジを受けて完成度を一段と高めた。2.2リッターディーゼルエンジンを搭載するセダンとワゴンのステアリングを握り、デビューから2年を経たフラッグシップモデルの“進化論”を検証した。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る